WiMAX色々比較

WiMAXの初期費用はどこが安い?3ヶ月間の総費用で比較しよう

更新日:

更新情報

  • 2019/03/03:最新情報に更新
  • 2019/02/01:最新情報に更新
  • 2018/11/08:公開

ネット回線を契約すると必ず事務手数料やルータ端末の機器費、そして開通月の日割り利用料が必要です。

新社会人の方や初めてWiMAXをご利用される方はなるべく契約直後の費用を抑えたいですよね。

そこで、ここではWiMAXにおける初期費用が一体いくら必要なのか、初めの3ヶ月だけで見るとどこが安いのかを一覧形式でまとめています。

なお契約期間や違約金が心配な方にはまずレンタルWi-Fiサービスを使うというのも一つの方法です。

レンタルWi-Fiについては下記の記事でご紹介していますので、興味のある方は参考にしてみてくださいね。

初期費用を含めた3ヶ月間の料金比較

さっそくですが、以下がWiMAX主要プロバイダにおける3ヶ月間の料金比較をグラフにしたものです。

元データはコチラ

参考

  • 新規契約
  • 契約日:15日
  • 契約期間:3年(36ヶ月)
  • プラン:ギガ放題
  • 端末:Speed Wi-Fi NEXT W06
  • アクセサリ:無し
  • 支払い方法:クレジットカード払い
  • オプション:割引条件のものだけ適用

この結果から契約から3ヶ月間はGMOの割引キャンペーンが最もお得です。(キャッシュバックではありません)

GMOでは利用年月が1年、2年を経過した時に利用料があがりますので、3年という契約期間の総費用としては見劣りしますが初めの3ヶ月だけ切り取るとかなりお得と言えますね!

なお、既にWiMAXをご利用中の方はBroadWiMAXに乗り換えると他社で発生する違約金と一緒に初期費用を代わりに負担してくれます。

最大19,000円まで負担してくれるので、もし他社を12~23ヶ月で解約するなら一気にお得になります。

WiMAXがまったく初めてという新規の方でもサポート面も充実している事から私はBroadWiMAXを推奨しています。

\今すぐサポート内容を確認しよう/

BroadWiMAX公式サイト

各プロバイダの料金詳細

さきほどは結果だけグラフにしたものを御覧頂きましたが、プロバイダごとに初月の利用料が日割りなのか、端末代はかかるのかなど細かい所で違いがあります。

初めの3ヶ月間の費用を抑えたい場合は、初月の料金が日割りなのか満額なのか、月額料金はいくらなのか、がポイントですね。

ここからはより具体的に解説していきます。

初期手数料について

手数料は残念ながら割引される事が少ない場所です。

ごく稀にBIGLOBEなどが初期手数料を0円にするキャンペーンを実施しますが、なかなかお目にかかれません。

逆にBroadWiMAXでは初期費用が21,857円と高額な設定がされており、安くするには以下の3点が必要です。

注意ポイント

  • 初月だけ2つのオプションに加入する事
  • 支払い方法をクレジットカード払いにする事
  • WEBページから申し込みする事

加入が必須のオプションのうち一つは端末の補償オプションの「安心サポートプラス」、もう一つが機器との接続設定をサポートしてくれる「My Broadサポート」です。

安心サポートプラスは550円かかりますが、My Broadサポートは2ヶ月間無料なので申し込み後すぐにオプションを解除すれば初期費用が高額になる事はありません。

更に今度は0円の表記も気になりますよね。

BroadWiMAXでは他社から乗り換える場合、代わりに違約金を負担してくれる制度を実施しています。

最大19,000円までですが仮に他社の違約金が9,500円だった場合、初期費用分の3,000円もこの中で負担してくれるので実質0円という事になります。

という事は、1年以上他社でWiMAXを使っててBroadWiMAXに乗り換えたら違約金も手数料も0になるってこと?
Aくん(22)
クリオネ
そういうこと!以前は手数料を0円にしてたプロバイダもいたんだけど今じゃBroadWiMAXだけだから上手に使いたい所だね!

初期費用ってそもそも何?

初期費用とは顧客データベースへの登録、ルータ端末の発送手続き、初回設定のウェルカムレターの準備、KDDI本体への回線利用申請手続き、などなど全部含めた事務手数料の事です。

削ろうと思えば削れる部分もありますが、手数料ではなく利用料を削る考え方が一般的ですね。

端末代について

WiMAX本家であるUQ以外はほとんどのプロバイダがどの端末を選んでも価格を0円に設定しています。

niftyが端末価格を1円に設定していますが、まぁ気にするものでもないでしょう。

ただしBIGLOBEだけは少し扱いが異なり、他社とは違って完全に0円ではありません。

途中解約をしなければ実質端末代の負担はありませんが、内訳としては24ヵ月×800円に分割されたものが毎月割引される仕組みになっています。

その為、24ヶ月以内に解約すれば端末代の残債が一括請求されます。

引っ越し、結婚など大きなライフスタイルの変化が近々ある予定されている場合にはBIGLOBE以外を選ぶようにすると安心ですね。

UQの3,800円には触れないのねw
Dさん(⁇)
クリオネ
だってねぇ…(笑)前まで800円だったのになぁ

おまけ:最新端末への機種変更

WiMAXは基本的に機種変更をしないネット回線です。できなくはありませんが、34ヶ月利用しないと端末代が6,000円かかるなどあまり安くありません。

その為、最新機種にしたい場合は乗り換えするのが一般的でした。

しかし今回ご紹介したプロバイダの中で、BroadWiMAXだけはわずか20ヶ月利用すれば無償で最新端末に交換してくれます。

プロバイダ交換可能時期
BroadWiMAX20ヶ月目~
GMO WiMAX32ヶ月目~
So-net34ヶ月目~
BIGLOBE34ヶ月目~
カシモWiMAX非対応
@nifty非対応
UQ WiMAX34ヶ月目~

ほかが34ヶ月以上(GMOは32か月以上)経たないと端末代がかかる事を考えると、BroadWiMAXがいかに力を入れているかが分かりますね。

\がっちりサポート!/

BroadWiMAX公式サイト

初月利用料の扱いについて

いよいよ利用料に入りますが、この項目はBIGLOBE、So-net、Niftyといった大手プロバイダが強いです。

なんといってもこの3社は初月の利用料が無料。仮に月初に利用を始めればその月は丸々得という事ですからね。

にも関わらず、3ヶ月で切り取った時の最安値はGMO。かなり力を入れている事が伺えますね。

逆に他のプロバイダは日割りがメインで、カシモだけはいつ利用を始めても1ヶ月分丸々必要な点に注意してください。(とはいえ古い端末なら0円という極端な設定です)

初月無料のプロバイダを選ぶなら月初に使い始めた方がお得だね!
Dさん(⁇)
クリオネ
ですね!逆に月末近くから使い始めるならカシモも選択肢に入れてもいいかもですね!

なお、3ヶ月という短期間ではなく3年間の利用料について比較したい場合は下記の記事を毎月更新しています。

初期費用が安いプロバイダまとめ

プロバイダによって初期費用の考え方が異なりますが、安く抑える為には以下のポイントを抑えると良いでしょう。

ポイント

  • 手数料はほぼ削れない
  • 端末代はUQ以外なら0円(BIGLOBEは要注意)
  • 初月利用料の扱いは大手が強い

いずれの点を踏まえたとしても、冒頭に述べたように3ヶ月間の出費という意味ではGMOが頭一つ抜きんでています。

ただ、3年程度使う事を前提に考えるならBroadWiMAXやBIGLOBE、So-netもかなり総費用を抑える事が出来るので引っ越しや結婚などあなたのライフイベントに合わせて適切なものを選ぶ事をお勧めします。

Copyright© FULLMESH , 2020 All Rights Reserved.