WiMAXの疑問 WiMAXの話題

WiMAXの乗り換えを月末にするのは危険!締切日と違約金に要注意!

更新日:

WiMAXは長年使っているとルータ端末は古くなりますし、段々利用料も高くなっていきます。

常にコスパ良く、出費を抑える為には定期的に乗り換えしていく事が大切です。

しかし、月末付近に乗り換えるのは解約の受付期間が過ぎている可能性があり大変危険です。

ここでは、WiMAXの乗り換え時期のタイミングや違約金を抑える為の手段についてご紹介しています。

WiMAXを乗り換えるベストタイミングは?

WiMAXは利用年数が長くなると毎月の利用料が大きくなったり、端末もそのままだとバッテリーも経年劣化します。

一定のタイミングで乗り換える事で利用料を引き下げたり、最新端末に更新できます。

しかし、契約期間の縛りがあるのでタイミングを見誤ると高額な違約金を負担しなければなりません。

まずは乗り換えなかった場合のリスクについておさらいしていきましょう。

料金が高くなった時

プロバイダにもよりますが、利用してから2年や3年が経過すると割引期間が終了するので利用料金が跳ね上がります。

元々4,000円以上する所はそのままの事が多いですが、これまで3,500円前後だった利用料が4,380円になるなど約1,000円近く値上がりする事も珍しくありません。

クリオネ
毎月料金の設定は変わっちゃうから正確な値上がり幅は契約書類をチェックしてみてくださいね。
2年経つと大体4,000円を超えちゃうんだね。
Aくん(22)

このように値上がりするタイミングで、安いプロバイダに乗り換えると出費を引き下げる事ができます。

新機種が出た時

WiMAXのルータ端末はモバイルルータもホームルータも1年で1回は必ず最新機種が登場しています。

今は最新機種のWX05が登場したばかりで、例年通りであれば2019年1月中旬にW06が出るでしょう。

1/25更新:無事にW06が発売されました。次の機種は11月に発売されるであろうWX06ですね。機種の性能は別の記事でもご紹介してますのでそちらも参考まで

【1/24版】【WX05/W06】WiMAX端末の性能比較表 | 今のお勧め機種はこれだ!

 

1、2世代古いWX04やW05なら性能面で大きな違いはありませんが、WX03やW04以前の端末を使っている方はそろそろバッテリーの劣化も激しくなる頃です。

それに最新機種のWX05やHOME 01では電波の感応精度が今までの機種よりも高いWiMAXハイパワーという機能が備わっています。

奥まった部屋や地下で利用したい方も乗り換える事でより快適にWiMAXを利用できるようになります。

そのため、電波感度を悪く感じだり端末の劣化が気になりだしたら乗り換えのタイミングと言えます。

最新の端末については下記の記事でも取り上げていますので参考にしてください。

【WX05/W05】WiMAX端末はどれが優秀?性能を完全解説!

ホームルータはWiMAXとSoftbankAir、どちらが優秀?

契約が更新される時

WiMAXの契約は基本的に数年契約となっており、契約が満了する月以外に解約しようとすれば9,500円から19,000円の違約金が発生します。

クリオネ
@niftyやGMOのキャッシュバックキャンペーンを利用した方は更に5,000円ほど高いです。

以下は2年契約時のイメージ図です。

御覧のように、1年以内の解約では19,000円必要です。

また、違約金が出ないのは24ヶ月目の契約更新月と呼ばれるタイミングだけです。3年契約なら36ヶ月まで9,500円の違約金が発生します。

WiMAXの契約は自動更新されるので、解約時期を逃すと更に同じ期間再セットされます。

契約更新月を境に利用料が値上がりする事が多いので、契約更新月が乗り換えのベストタイミングと言えるでしょう。

乗り換えタイミングを逃した場合

先述したように、乗り換えタイミングを逃すと違約金が出るので安易に乗り換えができなくなります。

プロバイダによっては端末を最新機種に無料で更新できるサービスを行っているので、そのようなプロバイダではルータ性能で困る事は少ないでしょう。

しかし、利用料はほぼ確実に値上がりします。

乗り換えできなかった場合、ギガ放題なら約4,000円、7GBプランでも約3,500円前後まで値上がりします。

乗り換えようにも違約金で9,500円が別途かかるのでズルズルとコスパが悪いまま使い続けてしまいます。

乗り換え時はプロバイダの解約締切日に要注意!

ベストタイミングで乗り換えする際は現在契約しているプロバイダの解約手続きの締め日に注意してください。

WiMAXの主要プロバイダ7社について一覧表にまとめましたのでご確認ください。

<プロバイダ別の解約手段>
プロバイダ解約手段受付期限
So-netWEB/チャット
公式サイト
当月末
18:00まで
@nifty電話連絡
03-5860-7600
当月末
23:00まで
GMOWEB/書面
公式サイト
当月20日
時間不明
BroadWiMAX電話連絡
050‐5212‐7322
当月25日
18:00まで
BIGLOBE電話連絡
0120-827-193
03-6631-4602
当月末
16:30まで
カシモWiMAX電話連絡
03-6693-0480
当月20日
19:00まで
UQ電話連絡/書面
0120-929-818
当月末
21:00まで

最大手のプロバイダは当月末まで受け付けてくれますが、手続きの内容に不備があれば差し戻されて一から手続きしなおしになります。

もし契約更新月に解約できなければ違約金が発生します。絶対に持ち越される事のないように2,3日前には必ず連絡しておくようにしましょう。

なんとなく解約って月末ギリギリにしたいけどこれを見るとかなり危ないね…
Aくん(22)
クリオネ
うん、解約しようと思ってたのに実はもう受付期間を過ぎてたって結構聞くんだよね。

解約手続き後も月末まで利用可能

どのプロバイダでも、解約手続きが済んだ後でも月末まで通信は可能です。

月末ギリギリに解約手続きするのはリスクしかありませんので、契約更新月になったらすぐに手続きをスタートしても良いでしょう。

解約月の利用料は日割りされない

月末まで利用できるので、料金も日割りされません。こちらもどんなプロバイダでも同じです。

結局解約月の利用料は満額請求されますので、間違いなく契約更新月で解約できるよう月初めに手続きする事をお勧めします。

更新月以外でも違約金をゼロにする方法

契約の更新月は特に連絡もありませんので、気が付かずまた2年や3年がセットされたというケースがほとんどです。

また、家電量販店のWiMAXは利用料が高く設定されているので、契約した後にすぐ乗り換えたいと思うかもしれません。

そのような場合、BroadWiMAXの違約金負担制度を利用する事をお勧めしています。

公式サイト:BroadWiMAX

違約金を代わりに負担してくれる!

WiMAX業界は毎月最安値のプロバイダがコロコロと変わりますが、BroadWiMAXでは他社の違約金を代わりに負担するという変わった制度を実施しています。

BroadWiMAXは利用料も安くしている事で有名なのですが、この違約金負担制度を利用すれば更に余計な出費を抑える事ができます。

ほとんどのプロバイダがすぐに解約すると19,000円という違約金を設定していますが、BroadWiMAXの違約金負担制度では最大19,000円まで補填してくれます。

つまり全額補填してくれます。

クリオネ
GMOや@niftyでは例外的に25,000円ほどの違約金を設定しているので少し足が出ますが…。

さらに現在はWiMAX契約時に必ず発生する初期費用分の3,000円も19,000円の範囲内で補填してくれるようになりました。

違約金分+初期費用が安くなると考えると非常にお得です。

契約更新月を気にして乗り換えする必要はありませんので、違約金が心配な方は乗り換えを検討する事をお勧めします。

初期費用って3,000円でしょ?あるとないじゃ結構違うね
Aくん(22)

将来BroadWiMAXを辞めたくなったら?

引っ越しなどで固定回線にしたい場合も、フレッツ光やauひかりなら同じように違約金を負担してくれるキャンペーンが常にあるので心配ありません。

クリオネ
関東圏で人気のNURO光はまだ違約金を負担してくれるものはありませんがいずれ同じようなキャンペーンが始まるのでは、と思っています。

なおBroadWiMAX自体も「ご満足保証」という施策で光回線への乗り換えをサポートしているので、もしフレッツ光やauひかり側がキャンペーンを辞めても安心です。

ただ、BroadWiMAXから他社WiMAXサービスにしたい場合には違約金が発生します。この場合だけは残念ながら他社で同様の施策を実施していないので避けられません。

BroadWiMAXから他社WiMAXサービスへ乗り換えたい場合はその時に一番利用料が安いプロバイダを狙い撃ちするようにしましょう。

クリオネ
当サイトでは毎月の最安値情報を更新していますので、将来乗り換えたくなった時にまたお役に立てましたら嬉しいです。

BroadWiMAXの注意点

BroadWiMAXは乗り換えユーザーの強い味方ですが、初期費用として21,857円かかります。

他社のように初期費用を3,000円に引き下げるにはWEB申込、オプション加入、クレカ払いという条件を満たさねばなりません。

WEB申し込みは特に問題ないとして、オプション加入については550円が別料金でかかりますが、初月のみ必要なので機器が到着したらすぐにはずしても大丈夫です。

もちろん当サイトではこのオプション料金含めて比較検討しているのでご安心ください。

また、問題が起きやすいのが支払い条件のクレカ払いという点です。

支払い方法を絶対に口座振替にしたい方は利用料が安いプロバイダを優先的に選ぶと良いでしょう。

最安値のプロバイダはほぼ毎月変わりますので、現時点の最安値を知りたい方は下記の記事を御覧ください。

BroadWiMAXから乗り換えたい方は

違約金負担制度という素晴らしい施策は残念ながらBroadWiMAXしか行っていません。

そのため、BroadWiMAXから他社WiMAXやモバイルWi-Fiに乗り換える場合は現状どうやっても違約金は避けられません。

契約更新月まで待つか、違約金を負担してくれる光回線を選ぶようにしましょう。

クリオネ
契約から3年経てば違約金が9,500円まで下がるので、そのくらいの期間使う事を前提に検討する事をお勧めします。

そのまま使い続ける方が得なのか、違約金を出してでも乗り換えた方が得なのか判断が難しいと思いますので、解説記事を作成しました。

知らない間に値上がりしてる!?WiMAXは2年単位で乗り換えよう!

WiMAXの賢い乗り換え方法まとめ

WiMAXの乗り換えについてまとめると以下の通りです。

ポイント

  • 利用料の値上がり時期、新機種への更新時期、契約更新月がベスト!
  • 契約更新月以外に解約すると違約金が発生!
  • 解約手続きの締切日は短い事が多いので要注意!
  • 契約更新月以外ならBroadWiMAXがお勧め!
  • BroadWiMAXから固定回線なら違約金をゼロにできる!

ネット回線サービスは長年使い続けても残念ながら割引される事は少なく、WiMAXでは逆に値上がりしてしまいます。

契約期間の縛りのせいで簡単に乗り換えられませんが、もし契約更新月を見逃してしまった方やすぐにでもお得なプロバイダに変更したい方はBroadWiMAXを検討してみてください。

特に家電量販店では利用料がかなり高いので、早いうちに乗り換えてしまった方がお得です。

今3,400円以上の利用料を支払っている人もぜひ乗り換えを検討してみてくださいね!

【おさらい】当記事のおすすめ

BroadWiMAX

BroadWiMAXは多くのプロバイダの中で1,2を争う人気の高いプロバイダです。

その理由はトップクラスに安い利用料といくつもの充実したサポートがあるから。誰でも安心してWiMAXが使えるので多くのユーザーから支持を得ています。

利用料の安さに加え、最新端末はもちろん0円。さらに20ヵ月後には最新機種に無償交換もしてくれる。そして極めつけは他社で発生する違約金すら会社が負担。

ここまで充実しているのってすごくないですか?

初めてWiMAXを選ぶ方だけでなく、既に他社でご利用中の方にも幅広い方にお勧めのプロバイダです。

Copyright© FULLMESH , 2020 All Rights Reserved.