WiMAXの疑問

WiMAX 7GBプランはどのくらい使える?注意点も完全解説!

更新日:

WiMAXには容量無制限のギガ放題と、7GBまでのいわゆるライトプランがあります。

当然7GBまでより無制限の方が料金も高いので、節約できるならライトプランで契約したい所ですよね。

しかし7GBと一言で言われても、実際どのくらい使えるのかイメージしずらいものです。

そこでこの記事では、一般的に推されているギガ放題ではなく月間容量が7GBのライトプランにフォーカスをあてて詳しく解説していきます。

WiMAX 7GBはスマホの容量を補助する使い方がベスト

WiMAXの7GBプランは自宅のメイン回線にしたり家族で分け合うには力不足です。

あくまで、スマホやタブレットの容量を節約するための補助的な使い方に適しています。

自宅で光回線+無線LANを使っていればWiMAXの容量は使いませんし、外出先でTwitterやInstagramといったSNSを使う程度であれば7GBは程よい容量です。

7GBで出来る事一覧

月間7GBだと出来る事は少ないというイメージがあるかもしれませんが、案外アクションごとに換算するとそれなりの自由度があります。

1日換算だと233MB前後なので1時間、毎日標準画質の動画を見ていれば月末ごろに使い切るイメージです。

<1日233MBで出来る事>
アクション可能な数
メール送受信約62万通
WEBサイト閲覧約1600ページ
動画視聴(標準画質)約1時間
音楽ダウンロード約60曲
ゲームアプリダウンロード約2個*1
Twitter閲覧約20分*2
Instagram閲覧約20分*2
TikTok閲覧約20分*2
*1 モンスターストライクの100MBから算出。
*2 投稿された動画を閲覧した場合の目安です。

SNSを頻繁に使う方は1日あたり20分しか使えないので不便に感じるシーンもあるでしょう。逆に言えばSNSだけでスマホ容量を大きく消費しています。

SNSを使う方には月間無制限のギガ放題の方が合っていますが、SNSを使わない方であればスマホ容量を抑える役割としては有用性の高いものです。

WiMAX 7GBがお勧めのタイプ

WiMAXの7GBプランはあくまで補助的な使い方がベストなのでこんな人にお勧めです。

ポイント

  • スマホの容量を毎月買い足している人
  • 自宅では光回線+無線LANなどメイン回線が別にある人

スマホ容量はドコモ、au、Softbankいずれも1,000円/1GBかかるので毎月のように追加している方はWiMAX 7GBを併用すると安くなります。

上手に使えばスマホの使った分だけ課金されるプランでも節約出来る可能性があるので、毎月の容量が8GB前後の方は検討の余地ありです。

下記は各キャリアで用意されている「使った分だけ課金される」プランの一例です。同じ容量でも1,500円近く節約する事ができます。

容量を節約した場合の料金推移

* Softbankでは2GBを超えた場合は2018年9月に登場したウルトラギガモンスター+が一番安上りです。
* WiMAX利用料はBroadWiMAXの利用料として掲載しています。

逆に、上記に当てはまらない方はWiMAX 7GBプランはお勧めできないタイプと言い換えられます。

自宅のメイン回線としてWiMAXを使いたい方や、外出先や移動中に動画を見たい方は無制限プランにする事をお勧めします。

短い期間だけ使いたい人はレンタルWi-Fiがぴったり

出張や旅行など短い期間だけWiMAXを使いたい方はレンタルWi-Fiサービスがお勧めです。

通常のWiMAXプロバイダから申し込むと2年や3年といった契約期間の縛りがあり、すぐに解約すると2万円近くの違約金が発生するので注意してくださいね。

レンタルWi-Fiサービスについては下記の記事で紹介しているので興味がある方は御覧くださいませ。

初めてのモバイルWi-Fiは「違約金なし+最安値+無制限」が最適解

WiMAX 7GBプランの注意点は2つ

補助的にWiMAX 7GBプランを選ぶ時でも必ず速度制限と解除時期については抑えておきましょう。

容量を使い切ると翌日昼から翌月1日まで128kbpsに速度制限される

WiMAX 7GBプランで容量を使い切ってしまうと翌月まで速度が128kbpsまで制限されます。

無制限プランの場合、1Mbpsまで使えるのですが7GBプランではまともに動画の視聴やSNSを開く事も出来ないほど制限されるので、メイン回線として利用するのは避けた方が無難です。

7GBプランではまずWiMAXの容量を使い切ってから、スマホなどの容量を消費し始めるように調整すると上手に使いこなせるでしょう。

プラン変更は無料だが無制限になるのは翌月から

7GBを使い切るとギガ放題にプラン変更して無制限にしたい、という場面もあるでしょう。確かに、プラン変更は手数料が不要なので臨機応変に無制限プランに変更したいですよね。

しかし、残念ながらWiMAXでは速度制限を即解除する方法はありません。

月途中でプラン変更の申請をしても、適用されるのが翌月からで即解除される訳ではありません。

また、ハイスピードプラスエリアを使っても新たに7GBの容量が追加される訳ではないので注意しましょう。

これらの理由により、7GBプランは補助的な使い方がベストとなります。

利用料はSo-netとBroadWiMAXが安い

気になる7GBプランの利用料ですが、どこもギガ放題プランに力を入れているので7GBプランの平均相場は3,000円前後となっています。

そんな中、2020年4月現在で最安値を競っているのはSo-netとBroadWiMAXの2社です。

* 利用料には初期費用3,000円を含めています。

御覧の通り、3年プランではSo-netがトップ、BroadWiMAXが2位です。

なお、この中で2年プランを用意しているのはGMOだけです。ただし2年プランでは最初の3ヶ月が400円ほど料金が高くなるので注意してくださいね。

集合住宅にお住まいの方はお部屋の契約更新と同じ時期に申込すると乗り換えタイミングがわかりやすいのでGMOの2年プランがお勧めです。

公式サイト:GMO WiMAX

一時的に利用するだけならレンタルWi-Fiがお勧め

BroadWiMAXやBIGLOBEは月額利用料をかなり安く抑えていますが、契約期間の縛りが3年で長いのがネックです。

出張や旅行などでほんの一時的に利用したい場合に3年間もの契約を結ぶのは勇気がいりますよね。

そんな時は解約時でも違約金のかからないレンタルWi-Fiサービスをうまく活用すると良いでしょう。

レンタルWi-Fiサービスについては下記の記事でご紹介しているので参考にしてみてくださいね。

初めてのモバイルWi-Fiは「違約金なし+最安値+無制限」が最適解

WiMAX 7GBプランで出来る事まとめ

WiMAXの7GBプランで出来る事についてまとめると以下の通りです。

ポイント

  • 標準画質の動画を毎日1時間程度見れる。
  • SNSを頻繁に使うとあっという間に使い切る。
  • メイン回線としては力不足だが補助的には有用。
  • スマホで「使った分だけ課金」のプランなら安くできる事も。
  • 速度制限になると翌月まで解除できない。

WiMAXでは容量無制限のギガ放題ばかりが目立っていますが、7GBも使い方によってはかなり有用に使えます。

スマホの月間通信量が6GB、7GBと微妙なラインの方はWiMAXを導入する事でかなりスマホ利用料を引き下げる事ができます。

SNSを頻繁に使う方は7GBが追加された程度ではあまり有用性を感じづらいかもしれませんのでギガ放題プランをお勧めします。

【おさらい】当記事のおすすめ

So-net WiMAX

So-netは言わずと知れた大手プロバイダで、光回線でもNURO光で注目を浴びています。

WiMAXサービスでも3年間の料金を3,620円に据え置く事で総合的な出費額を減らす事ができます。

利用開始から22ヵ月後にはまた最新機種に更新できるので、長く使い続けたい方にも安心のプロバイダです。

いつまで現在の利用料が適用されるのか明記されていないので、今お悩みの方はぜひチェックしてみてください。

BroadWiMAX

BroadWiMAXは多くのプロバイダの中で1,2を争う人気の高いプロバイダです。

その理由はトップクラスに安い利用料といくつもの充実したサポートがあるから。誰でも安心してWiMAXが使えるので多くのユーザーから支持を得ています。

利用料の安さに加え、最新端末はもちろん0円。さらに20ヵ月後には最新機種に無償交換もしてくれる。そして極めつけは他社で発生する違約金すら会社が負担。

ここまで充実しているのってすごくないですか?

初めてWiMAXを選ぶ方だけでなく、既に他社でご利用中の方にも幅広い方にお勧めのプロバイダです。

Copyright© FULLMESH , 2020 All Rights Reserved.