WiMAX色々比較

【2019年2月】グラフで見るWiMAX料金比較表【ギガ放題・7GB】

更新日:

WiMAXはどのプロバイダでも通信品質は変わらないので、最新のキャンペーンを加味した料金をチェックしなければ最安値を選ぶ事はできません。

こちらでは、最新のキャンペーンを考慮して視覚的にどのプロバイダが安いのかグラフとして掲載しています。

本記事を御覧いただければWiMAXが初めての方でもどのプロバイダを選べばよいのか3分でわかります。

ぜひ、あなたのWiMAX選びの参考になさってください。

先月は新機種のW06が出たからか、今月はいっぱいキャンペーンが更新されてるみたいだね。
Aくん(22)
クリオネ
うん。1月はSo-netが首位だったけど今月は接戦になったよ!早速見ていきましょう!

料金比較トップ3

細かいデータの前に今月の最安値プロバイダの発表です。計測条件はギガ放題・7GB(ライトプラン)ともに以下の通りです。

参考

  • 端末:W06/WX05/L02
  • クレードル:無し
  • 利用開始日:月初
  • 特典:月額割引
  • 支払い方法:クレジットカード払い
 ギガ放題7GBプラン
1位@nifty WiMAX @nifty WiMAX
2位So-net / BIGLOBEBIGLOBE
3位-BroadWiMAX

ギガ放題の2位は同率なので3位がいませんが、次点はBroadWiMAXです。

【2020年4月】料金比較データ

WiMAXのプロバイダは大小含めて70社以上あるため全てを表示するとグラフが見づらくなってしまいます。

そこで、ここでの比較対象は利用料の安さで人気のプロバイダとUQ本家を合わせた合計7社に限定しております。

7社の中にも割引とキャッシュバックを同時に行っているプロバイダがあるのでグラフ上でも分けて割引・CBと表示しています。

ギガ放題

初めにWiMAXではメインサービスとなる容量無制限のギガ放題プランからご紹介します。

※クリック・タップで拡大出来ます。

以下はグラフの元データです。先月からの変動具合もわかりますので、詳しく御覧になりたい場合はこちらをご覧ください。

元データは左側が月ごとの利用料、右側が集計した金額にです。かなり細かくなってしまうので拡大して御覧ください。

この結果から2019年2月の利用料トップは@niftyとなりました。

なお割引を受けるにはやや手順が必要ですので後述する申し込み時の注意点を参考にしてください。

また、1位の@niftyから4位のBroadWiMAXまで最新機種のW06を選べますが、唯一カシモWiMAXだけは取り扱いがない点にもご注意ください。

@niftyやBIGLOBEはキャンペーン期間が2月末までなのも気を付けないとね。
Aくん(22)
クリオネ
後は2年目までBroadWiMAXが安い点にも注目だね。2年で乗り換えれば安くなるから比較する時はその事も頭に入れておこう!

7GB(ライトプラン)

続いて月間容量7GBまでのライトプランです。

※クリック・タップで拡大出来ます。

以下がグラフの元データです。こちらも拡大して御覧ください。

7GBプランでも@niftyがトップとなりました。だいぶ力を入れてるみたいですね。

しばらくBroadWiMAXが1位だったけど7GBプランもだいぶ変動したね。
Aくん(22)

クリオネ
新機種が出た後は機種変するために乗り換えする人も多いからプロバイダもそれに合わせてキャンペーンを更新したんだね。ただキャンペーンは2月末で終わっちゃうから注意しよう!

2019年2月のトピックス

先月から2019年2月までのトピックスは以下の通りです。

ポイント

  • 1月25日にモバイルルータ最新作のW06(HUAWEI製)が発売。
  • 1月25日にホームルータ最新作のL02(HUAWEI製)が発売。
  • 無制限・7GB共に@niftyが1位(しかし4位までの差は2,000円前後なのでそこまで大差なし)
  • キャンペーン内容が更新されてトップ争いが激化。

既に話題に出ましたが、先月の終わりにモバイルルータとホームルータそれぞれで最新作が発売されたことが大きなトピックです。

新しい端末は通信速度がモバイルWi-Fi史上初の1Gbps超えした事が話題になっていますね。

昨年11月に発売されたWX05はそこまでの速度は出ませんが、さすが日本製というべきかバッテリー性能や電波感度の性能がW06より高いです。

世界的に日本の技術力は低くなってきたなんて言われていますが、まだまだ小型化・高性能化の技術は全然負けてないです。

クリオネ
Appleウォッチみたいに将来WiMAXは持ち歩くものじゃなくて身につけるものになるかもしれませんね。

また、端末選びでお悩みであれば東京・神奈川・大阪・名古屋・福岡など中心都市の方はW06、その他で利用する方はより電波が拾いやすいWX05を選ぶと良いでしょう。

更に端末の詳しい解説については【1/24版】【WX05/W06】WiMAX端末の性能比較表も御覧ください。

なおホームルータの性能については他社のものとも比較した【1/24版】【L02/Air3】ホームルータの性能比較表 も参考になるはずです。

キャッシュバックは受け取れないものと考えるべき

キャッシュバックは確かに魅力的に見えるものですが、大体半数の方が受け取れないと言われています。

確実にお得にWiMAXを使うのであれば割引キャンペーンを上手に活用する事をお勧めします。

半数も受け取れてないの!?
Aくん(22)
クリオネ
はっきりリサーチ会社が統計を取った訳じゃないけど、僕の周りじゃもっと少ないよ。大体忘れちゃって10人中3人くらい。

キャッシュバックは申し込み後、6~12ヵ月後にようやく手続き出来るようになるキャンペーンなので多くの方が受け取れずにいます。

自分は大丈夫と思っていても連絡メールに気づけなかったり手続きに時間が割けない事もありえます。

なんとか受け取れたとしても@niftyと比べても3年間で5,000円しか違いません。つまり年間1666円しか節約できず、もっと言うと月70円しか安くなりません。

月70円を目的にリスクの高いキャンペーンを選ぶのはあまり合理的とは言えないですね。

仕事や育児、介護など様々な事情がありますのでキャッシュバックは避けた方が無難です。

申し込み方法と注意点

上位3位のプロバイダについてWEB申し込みは下記の通りです。

特典を得る為に必要な事も掲載していますので、しっかりチェックしながらお申込みください。

【ギガ放題・7GB】1位 @nifty

公式ではキャッシュバックを推している為か割引キャンペーンを受けたい場合、通常の公式サイトやキャンペーンサイトから直接手続きできません。

割引を受ける為には下記の手順に従って申込ページまでお進みください。

PC・タブレットの場合

画面上部のプロバイダーサービス → WiMAX2+を選択 → 画面右上のお申込み → @nifty使用権ご希望の方を選択

スマホの場合

画面上部のプロバイダーサービス → 右上のメニューを開く → WiMAXを選択 → 記事内下部の簡単お申込み → @nifty使用権ご希望の方を選択

 

【ギガ放題・7GB】2位 BIGLOBE

BIGLOBEのキャンペーンもSo-net同様、上記特設ページから申し込むだけです。

誰もが知る大手プロバイダだからこその安心感がありますね。プロバイダとして歴史を積んできたからこその対応力(サポート力)にも期待できます。

普段はあまりキャンペーンに力を入れていないからこそ、今のタイミングがベストと言えますね。

注意点として、BIGLOBEでは端末代を2年間で分割払いする形になります。

月々の費用負担は割引されるので実質0円ですが、2年以内の解約では端末の残債が一括請求されますので、短期間で乗り換えする可能性がある場合は注意してください。

【ギガ放題】2位(同率) So-net

So-netのキャンペーンでは上記特設ページから申し込むだけです。

申込画面に進んで機種を選べばプラン選択が表示されますので、お好きなプランを選択するだけで大丈夫です。

So-netもBIGLOBE同様に大手プロバイダとしてだけでなく、Sonyグループとしての歴史とネームバリューがあります。

光回線でもNURO光でシェアを伸ばし始めているので、今乗りに乗っている通信事業者とも言えるでしょう。

BIGLOBEとは違い、端末は完全0円なので途中解約が心配な方でも安心です。

7GBまたは乗り換えの方はBroadWiMAX

7GBプランの3位はBroadWiMAXです。こちらも特別な手順は必要ありません。上記公式サイトよりお申込みするだけでOKです。

なお、あなたがもしWiMAXを既にお使いで乗り換えを検討している場合は違約金の関係でBroadWiMAXが最も費用負担が軽くなります。

WiMAXを解約しようとすると、契約更新月以外では必ず違約金が発生します。

利用期間によって9,500円~19,000円までかかるので、契約更新月が遠いならば必ずBroadWiMAXの違約金負担制度を活用しましょう。

最大で19,000円までBroadWiMAXが負担してくれるので、どのプロバイダよりも総合的な出費を一番抑えられるようになります。

2020年4月現在、更にキャンペーンを強化しており、乗り換えに際して必要になる初期費用も19,000円の範囲内であればゼロ円になります。

2019年2月総評

今月は新端末のW06が登場した事によって多くのプロバイダがキャンペーンを更新しました。

その結果、ギガ放題も7GBプランも@niftyが頭一つ抜けた形です。

とはいえSo-netやBIGLOBEも限定キャンペーンを実施してかなりお得になっているので、ぜひ今のタイミングを狙ってください。

3年間の合計も2,000円しか変わらないから@niftyの申し込み方法が面倒そうだったらSo-netがいいね!
Aくん(22)
クリオネ
BIGLOBEはもし2年以内に解約すれば端末の残債分で高くつくから2,000円に目をつぶれるならSo-netかBroadWiMAXが気楽だね!

ただし乗り換えの場合は変わらずにBroadWiMAXが優位です。

元々安い上に違約金+初期費用を抑えられるのはBroadWiMAX以外にありませんので、積極的に活用していきましょう。

利用料はキャンペーンの内容によって3年間引きずられます。

例えば来月に申込するとそれだけで利用料が毎月500円増える事もあります。

わずかな違いではありますが、期間限定のキャンペーンをやっている今が一番狙い目ですのでぜひこのビッグウェーブを逃さないようにしてください。

クリオネ
3月号は3月3日更新予定です。その間、月途中で新たなキャンペーンが出ましたら当記事を更新しますのではてブしておくと便利です。

【おさらい】当記事のおすすめ

@nifty WiMAX

@niftyは今や日本を代表する老舗のプロバイダです。

これまでniftyのWiMAXの利用料はそこまで安くなく4番手・5番手という位置付けでしたが、新機種が発売された事によりギガ放題も7GBプランも大幅に利用料を引き下げてきました。

しかもキャッシュバックによる実質価格ではなく月額利用料割引でトップです。

キャンペーンは2月28日までなので、今WiMAXをお考えの方はぜひチェックしてみてください。

So-net WiMAX

So-netは言わずと知れた大手プロバイダで、光回線でもNURO光で注目を浴びています。

WiMAXサービスでも3年間の料金を3,620円に据え置く事で総合的な出費額を減らす事ができます。

利用開始から22ヵ月後にはまた最新機種に更新できるので、長く使い続けたい方にも安心のプロバイダです。

いつまで現在の利用料が適用されるのか明記されていないので、今お悩みの方はぜひチェックしてみてください。

BroadWiMAX

BroadWiMAXは多くのプロバイダの中で1,2を争う人気の高いプロバイダです。

その理由はトップクラスに安い利用料といくつもの充実したサポートがあるから。誰でも安心してWiMAXが使えるので多くのユーザーから支持を得ています。

利用料の安さに加え、最新端末はもちろん0円。さらに20ヵ月後には最新機種に無償交換もしてくれる。そして極めつけは他社で発生する違約金すら会社が負担。

ここまで充実しているのってすごくないですか?

初めてWiMAXを選ぶ方だけでなく、既に他社でご利用中の方にも幅広い方にお勧めのプロバイダです。

Copyright© FULLMESH , 2020 All Rights Reserved.