WiMAX WiMAXの疑問

WiMAXを契約する前に絶対解消しておくべき30の不安要素

更新日:

 

ポケットWi-Fiの代表格になってきたWiMAX。

安くて便利、という評判を目にする機会も増えましたがネットサービスは何かと詐欺まがいなものも多いので契約するのは少し勇気が必要ですよね。

そこで、ここではWiMAXを始めて契約しようとお考えのあなたに、WiMAXの契約や使い勝手で不安に感じる事について実際はどうなのかすべてお答えしていこうと思います。

数が多いので目次から気になる場所をクリック・タップしてチェックしてみてくださいね。

契約自体の不安要素

どうやって申し込むといい?→料金的にはネット申し込みがお得です。

WiMAXはUQ本家だけでなく、多くのプロバイダや家電量販店で取り扱っています。

どこで申し込んでもKDDIグループの回線を使うので品質は全く同じです。という事は料金がなるべく安くてサポートも手厚い所を選ぶのが良いという事ですね。

家電量販店なら疑問点をその場で聞く事ができますが、料金的にはネット上で契約できるプロバイダよりも高いので申し込み自体はプロバイダでした方がお得です。

契約内容の確認や毎月消費している通信量の確認などプロバイダだとネット上で簡単に確認できるので、管理を簡単にしたいならプロバイダから申し込むようにしましょう。

利用料は値上がりする?→しませんが徐々に割引額が少なくなるので値上がりと感じるかも。

WiMAXは最初の数か月だけ2,000円前後と極端に安く、2,3ヶ月すると3,000円前後になる珍しいサービスです。

実際はWiMAXの基本料金が月々4,880円で、割引額がだんだん少なくなるというのが正しいのですが利用者からすると値上がりしたのと同じ事ですね。

長く使い続けてもスマホのように長期利用割引みたいな特典はつかないので、上記図のように割引額がほとんどなくなる2年目以降は違約金を負担したとしても積極的に別のプロバイダへ乗り換えした方が経済的です。

プロバイダの選び方がわからない→BroadWiMAXかGMOが安心・安定です。

WiMAXの取り扱い業者は数十社ありますが、よく選ばれている定番のプロバイダはGMO、BIGLOBE、So-net、BroadWiMAXです。

この4社は契約期間である3年間の総費用も数百円~1,500円前後しか違いません。1ヶ月の費用に直すと46円しか変わりません。

プロバイダ3年間の総費用公式サイト
GMO133,226円コチラ
BIGLOBE133,320円コチラ
So-net133,320円コチラ
BroadWiMAX134,902円コチラ

この表だけを見るとGMOが優れているように見えますが、個人的にはアフターフォローが充実しているBroadWiMAXを推奨しています。

現に当サイトからご契約される方のほとんどはBroadWiMAXを選んでおり、次点でGMOを選択されています。

具体的には最新端末への機種変更が早めに無料で出来る事と固定回線に乗り換える時に違約金が減らせる点がメリットです。

WiMAXの端末は大体2年~3年くらいでバッテリーが寿命になるので、後々の安心を取るのであればお勧めのプロバイダです。

サポートを重視したい方はBroadWiMAX、auスマホをお使いであればGMOを選ぶようにすると失敗がありません。auスマホユーザーはなぜGMOなのかは次の項目で解説しています。

auスマホを使っているけど安くできない?→スマホの料金を少し安くできます。

WiMAXはKDDIグループのUQコミュニケーションズが提供しているサービスなので、同じグループのauスマホを使っていればスマートバリューmineという割引制度が利用できます。

スマホ側の料金プランによって割引額が変わり、ほとんどの方が500円~1,000円の割引を受けられます。

ただ、スマートバリューを適用できるプロバイダは限られていたり、逆にこの制度を利用するとWiMAX側の利用料で割引が受けられないなどデメリットのあるプロバイダも存在します。

auユーザーならGMO・BIGLOBE・So-netで割引を適用し、au以外ならBroadWiMAXにすると月々の利用料を抑えられます。

端末は何を選べばいい?→最新端末を選べば間違いありません。

WiMAXの端末はモバイルルータとホームルータの大きく二つから選べます。

奥さんや子供たちのような家族の為に家庭内の環境をWiMAXにする時はホームルータ、ご自分で使い倒すという場合はモバイルルータの最新端末を選んでおけば性能面でも使い勝手でも間違いはありません。

2020年4月時点ではモバイルルータならW06、ホームルータはL02が最新端末です。

自由に解約できる?→できますが多くの場合で違約金が必要です。

契約はいつでも解除できますが、スマホや光回線などと同じように契約期間の途中で解約すると解除手数料(違約金)が発生します。

金額は利用期間で段階的に下がっていき、12ヵ月以内なら19,000円、13~24ヵ月以内なら14,000円、25ヶ月目以降は9,500円です。

ほとんどのプロバイダが3年契約を基本にしているので、36ヶ月目は違約金が発生しませんが37ヶ月目以降はまた3年契約がリセットされるので次は72ヶ月目にならないと無料で解約できなくなってしまいます。

なお、GMOのキャッシュバックキャンペーンを利用した場合は違約金が24ヶ月目まで24,800円まで跳ね上がるので途中で解約する可能性がある方はGMOは選択肢から除外しておいた方が無難です。

短期間の契約はない?→3年契約が主流なのでレンタル業者も選択肢に。

WiMAXは基本的に3年契約が主流です。2年契約を実施しているプロバイダもありますが、割引額が少なくなるなど恩恵が少なくなるので費用面を考えるとあまりお勧めできません。

ただ、3年という期間は正直長いと感じる方も多いでしょう。特に初めてWiMAXを使ってみたいという人には心理的なハードルがかなり高いはずです。

そんな方には端末が少し古いものになりますが気軽に解約ができるレンタルWi-Fi業者を利用するという手段があります。

WiMAXだけではなくSoftbankのポケットWi-Fiが届く可能性があるものの、1ヶ月単位で契約を見直せるので短期間しか利用しないという方でも違約金のリスクなく効率よくモバイル回線を手に入れられます。

レンタルWi-Fi業者も最近では数が増えてきましたが、なるべく安くWiMAX端末を利用したいという方は希望を聞いてくれやすいSPACE Wi-Fiがお勧めです。

公式サイト:SPACE Wi-Fi

利用料も3,680円と通常のプロバイダで申し込みするのとほとんど差がありませんのでお財布に優しいのが特徴です。

使いすぎたら追加料金は発生する?→一切ありません。定額制です。

WiMAXの料金プランには月間容量無制限のギガ放題と月々7GBまでのライトプランの2つがありますが、どちらも使いすぎたからと言って追加料金が発生する事はありません。

月途中でオプションに加入した、という事でもない限りは余計な出費は出ないのでご安心ください。

プラン変更できる?→できますが、翌月からの適用です。

あまり使わなかったからギガ放題から月間7GBのプランに変更したい、またはその逆で7GBじゃ少ないからギガ放題にしたい、というケースも出てくるかもしれません。

ほとんどのプロバイダはプラン変更に対応しているので、専用の会員ページから手続きすれば大丈夫です。

ただ、変更されるのは翌月の1日からなので月途中で容量を増やしたり料金を節約する事はできません。

割引キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンが適用されなかったりもするので、なるべく初めの段階で最大限恩恵が受けられるプランで申し込みしておく方が結果的に経済的です。

契約途中で引っ越しても大丈夫?→住所変更の手続きをすれば大丈夫です。

モバイルルータでもホームルータでもどこに引っ越してもそのまま利用できます。

特に設定を変える必要もないので、面倒な手間もありません。

ただプロバイダに登録している住所情報は変更しておかないと解約手続きに時間がかかったり後々時間がとられてしまうので早めに連絡しておくようにしましょう。

ネット上で契約するタイプのプロバイダなら会員ページから簡単に変更できるので忘れないうちに処理する事をお勧めします。

オプションは必要?→必要最低限で大丈夫です。

名称は違いますが、各プロバイダでつけられるオプションは大体同じようなものが用意されています。

端末の保証オプションと設定サポートのオプションです。あとはセキュリティソフトの無償利用や独自のポイントサービスなどですね。

端末保証は好みが分かれますが、メーカ保証で1年はもともとついていますし、個人的には2年から3年で機種変更すると考えると必要性はあまり高くないかと思います。

設定サポートも、最初についてくる説明書を見ればスマホの設定ができる方であれば10分で初期設定できます。

最新機種のW06(モバイルタイプ)やL02(ホームタイプ)なら更に初期設定が簡単になっているので、費用を払ってオプションをつける必要性は低いです。

ただ、最初の1ヶ月だけはオプションをつけないと割引特典が受けられないプロバイダもありますので、そのような時だけ必要最低限の期間つけておくようにしましょう。

変な業者からDMが来るようにならない?→全くありません。

私個人の話ですが今のところ、おかしなDMが自宅に届いたという経験はありません。

電子メールの方にはプロバイダから新機種の情報などのメールが届きますが気になった事はありません。

支払い方法はなにがある?→クレカ払いが主流。プロバイダによっては口座振替も可能です。

WiMAXはどのプロバイダでもクレジットカード払いが主流で、一部のプロバイダで口座振替に対応しています。

対応しているのはUQ本家やBIGLOBE、BroadWiMAXが該当しますが、ほとんどのケースで割引特典がクレジットカードより少なくなります。

請求書を自宅に送ってもらってコンビニで支払い、という方法はWiMAXではできませんのでクレジットカードをメインに考えておくようにしましょう。

なおBIGLOBEは口座振替ユーザーにも優しいキャンペーンを実施ているので、BIGLOBEを軸に検討する事をお勧めします。

公式サイト:BIGLOBE

クーリングオフはできる?→初期契約解除という似た制度があります。

実際に使い始めてみたけど全然電波が入らなくて使いものにならないという時は初期契約解除という制度が使えます。

クーリングオフと似ており、初期契約解除では申し込みから8日以内に契約をキャンセルすれば違約金の負担がなくなります。

これはどのプロバイダを選んでも等しく利用できます。

ただ、手続き自体はかなり面倒なので積極的な利用はお勧めできません。というのもネット上では完結できない事がほとんどなのです。

多くのプロバイダでは初期契約解除をするには電話、FAX、書類郵送など申請そのものに手間がかかるほか、端末の返却にかかわる送料や事務手数料はコチラの負担です。

初期契約解除は本当に最終手段でなるべくアテにしないようにしてください。

このような手間をかけない為には、UQコミュニケーションズで利用できるTryWiMAXというWiMAXの無料貸し出し制度を利用しておくと便利です。

初めての方は特に、この無料貸し出しは絶対に試しておいてください。

\UQ公式ページはコチラ/

TryWiMAXを申し込む

15日間、一切費用をかけずにWiMAXが試せるので電波の入り具合をチェックしてから安いプロバイダで契約するのがスマートです。

ポイント

UQで借りて他で契約するのに引け目を感じる方もいらっしゃいますが、どこで契約してもUQ側に利益は入りますので安心してあなた自身の負担を軽くできるプロバイダを選ぶようにしてくださいね。

通信品質の不安要素

どこで利用できる?→HS+Aモードも使えばほとんどの場所で利用できます。

都市部ならほぼ間違いなく電波が入らないという事はありません。

地下や建物が入り組んだ裏路地のような場所では電波が悪くなりますが、そのような場所で長時間ネットをする機会も少ないと思います。

電波で悩む事があるとすれば、休日にレジャー施設に出かけた時くらいです。

ディズニーリゾートのような大きなテーマパークなら大丈夫ですが、都市部から少し離れたちょっとした遊園地だと電波が弱くなることもあります。

列を待つ間や別の家族が遊んでいる間にスマホでちょっと動画でも見て息抜きしたい、という時に電波が弱いとちょっと困りますよね。

また夏だと海水浴場、冬はゲレンデで使いたい時があると思いますが、この場合でも都市部よりは電波が弱くなります。

ただ、全然電波が入らないような土地に遊びに行った時でも、電波のモードを切り替えれば一気に改善する事もあるので全く使えなくなるという事は少ないです。

電波のモード切替はハイスピードプラスエリア(通称HS+Aモード)と呼ばれるもので、月間7GBまでという上限はありますが利用できるエリアを一気に広げる事が出来る便利な機能です。

お出かけの時に少しだけ使いたいという時に重宝しますし、最新モデルならある程度使ったら自動的に元の設定に戻るようにオート設定もできます。

どれくらい使える?→ほぼ容量を気にしなくても大丈夫。

ほとんどのモバイルWi-Fiサービスは月間容量に上限がありますが、WiMAXが選ばれる大きな理由として月間容量が無制限なところです。

一か月間どれだけ使ってもいい、というのはなかなか他のサービスではお目にかかれません。

とはいえ、全く制限がないのかというとそうではなく、3日間で10GBまでという短期容量上限が存在します。

10GBという数字で見せられてもなかなかイメージがしづらいかと思いますが、簡単に言ってしまうと毎日映画が1,2本見れるくらいです。

動画は容量が大きいですが、毎日見てもまだ余裕があるのでほとんどの方は容量を気にしなくてもいいという事ですね。

注意点として、スマホアプリのを一度にたくさんダウンロードすると一気に容量がかさみますので、なるべく日にちを開けるように意識しておくとGoodです。

速度制限はある?→ありますが、あってないようなものです。

もし3日で10GBを超えた場合、その翌日の18:00~26:00の間は速度制限が入ります。

この図で言うと、4日目だけで50GB使っていますがこのように1日で大量の通信をしてしまうと向こう3日間は制限が入るので、なるべく日にちをずらして大きなアプリなどはダウンロードすると上手に運用する事ができます。

ただ、速度制限が入ったとしても1Mbps程度は出ますので、スマホで動画を見るくらいならストレスなく楽しむ事ができます。そのため、速度制限はあってないようなもの、という表現が近いですね。

速度は十分?→Youtubeの最高画質もサクサク見れます。

電波の掴み具合にも左右されますが、もはやWiMAXで速度の心配をする必要はほとんどありません。

というのも、今ネット上にある動画もSNSも数Mbpsも速度があれば一切気になる事もなく動作します。

もし使い始めた後に動画のカクつきが気になるようであれば、WiMAX本体の場所を変えたりモードを切り替えればそれだけで解決する事がほとんどなので安心してください。

いつから使える?→申し込み後、即日~2日の間で利用できます。

ほとんどのプロバイダは申込をして支払い方法を確定したあとに端末を発送します。

支払い方法がクレジットカードなら大体どこにお住まいでも申込日の2日後くらいには端末が届いて使い始める事ができます。

口座振替なら大体2週間を目途に考えておくと良いでしょう。

緊急の用事で今すぐに使い始めたい!という場合でも、BroadWiMAXなら店舗で受け取ってその日から使う事もできます。

もちろん光回線のような開通工事はありませんので、最短で申し込みから数時間後にはもう手に入れられます。

\店舗の場所はコチラから/

今すぐ申し込む

電車の中でも使える?→地上はバッチリ、でも地下鉄はやや厳しい。

地上を走る電車なら影響を肌で感じる事は少ないです。ただ地下鉄はさすがに厳しい所が…。

特に走行中は地下鉄だとほとんどアウトです。

auスマホの電波を使うHS+Aモードでなんとか拾えますが通勤中にずっとこのモードで通信すると月間7GBの上限に届く可能性があるのであまり移動中の利用はやめておいた方がいいかもしれません。

夜間は遅くならない?→日中に比べると少し落ちます。

どこでもいつでも高速通信が売りのWiMAXですが、さすがに夜間は利用者も多くなるので速度は落ちます。

ただ光回線のように画面が真っ白になって表示に数分かかる、というレベルまで落ちる事はありません。

ワンテンポ遅れる事がある、程度なので気にならない事の方が多いです。

HS+Aモードとか5Ghzとかよくわからない→通常は初期設定のままで大丈夫です。

ここまでに出てきたHS+Aモードの他にも5Ghzなどいくつかのモード設定がありますが、通常は特に変更しないでも大丈夫です。

極端に電波が悪かったり、屋内で速度が出ない、といった場合に設定を変えると改善するのですが必要な時に調べるようにすれば大体は事足ります。

正直、モードの変更を一切せずに3年間使い続けた人も知っています。まったく不満を感じる事もなかったようなのでご安心ください。

使い勝手の不安要素

開通工事は必要?→一切ありません。ホームルータでもコンセントに指すだけです。

ネット回線は開通工事が必要というのが光回線までの常識でしたが、WiMAXならホームルータでも一切工事はありません。

端末を受け取って電源を入れればすぐに使い始める事ができます。初期設定もついてくる説明書を見れば5分程度で終わります。

モバイルタイプは本体の電源をオンにするだけ、ホームルータは電源をコンセントに指して終わり。

この簡単さを味わうとなかなか配線が必要な固定回線に戻れません。

家族全員で使える?→同時に16台以上接続できるので大丈夫です。

今はパソコン、スマホ、タブレット、ゲーム機、テレビなど一つの家庭で複数の機器と接続する時代ですので同時にいくつまで接続できるか心配ですよね。

モバイルタイプの最新端末ならW06なら16台同時に接続できますし、ホームルータの最新端末L02なら42台もの数を同時に接続できます。

例えば4人家族でも、接続したい端末はスマホ×4台、PC×2、テレビ、ゲーム機、プリンタ、FAXなど全部合わせても10台行くかどうかなのでみんなでWiMAXを使っても大丈夫です。

機械音痴だけど使いこなせる?→初期設定はすごく簡単!

WiMAXを手に入れて接続するには、WiMAX側の初期設定とスマホなどの接続したい側の設定が必要で初めての方にとってはなんだか不安ですよね。

でも、最初に届くガイドブックをきちんと見ればどんな方でも5分程度で接続できるくらい簡単です。

実際の操作もタッチパネル方式になっているので直感的で誰にでもわかりやすいかと思います。

最近ではIT機器に決して詳しくないであろう父の知り合いの60代の親方も使いこなしていました。ご自分で全部設定したそうです。

最初の一回だけ設定すれば大丈夫なので、スマホを使いこなしている世代の方であればどれだけ機械音痴でもすぐに使いこなせると思いますよ。

端末は途中で変更できる?→最短20か月後に無料で変更できます。

WiMAXの端末は大体1年ごとに新しい端末が発売されます。

1世代程度では性能の大きな差は生まれませんが、新しいもの好きだったりデザインの好みなどがありますのですぐに機種変更したいという希望もあるでしょう。

ほとんどのプロバイダは初回契約時の端末代を0円に設定していますが機種変更の時は利用期間に応じて少しだけ費用がかかります。

詳しくはUQ公式が機種変更の案内を出しており、3年プランだと34ヶ月以降じゃないと無料で機種変更はできない仕組みになっています。

プロバイダ交換可能時期
BroadWiMAX20ヶ月目~
GMO WiMAX32ヶ月目~
So-net34ヶ月目~
BIGLOBE34ヶ月目~
カシモWiMAX非対応
@nifty非対応
UQ WiMAX34ヶ月目~

このように、最短で機種変更をしたいならBroadWiMAXなら20ヶ月での機種変更が無料です。

\機種変更がしやすい!/

今すぐ申し込む

端末が故障した時の保証はある?→1年はメーカ保証があり、その後はオプション。

端末保証のオプションがなくても、標準で1年のメーカ保証がついていますので初期不良などはオプションがなくても無償で対応してくれます。

心配なのは1年経った後にモバイルタイプのルータを日々持ち歩いている途中で落としたり、水没させた時ですね。

ただスマホのように頻繁に取り出すものでもありませんし、W06では専用アプリでバックからわざわざ出さなくてもWiMAXを起動させることもできますのでWiMAXを保護ケースで守るだけでも十分な事が多いです。

2年目が近いのであれば機種変更をすればいいのでこういった意味でも機種変更までのハードルが低いBroadWiMAXはお得ですね。

オンラインゲームはできる?→FPS以外なら全く問題ありません。

WiMAXの通信速度は高速ですので、FF14、DQ10、PSO2といったメジャー所のオンラインゲームも全く問題なくプレイできます。

ただ、接続を安定性という意味ではモバイル回線という特性上、有線である光回線にはかないません。

コンマ1秒を争うFPSのようなジャンルのゲームではストレスを感じる可能性もありますので、事前にTryWiMAXなどでテストプレイをしてみる事をお勧めします。

株取引やFXはできる?→できますが、事前確認しておく事をお勧めします。

株取引やFXも問題ありませんが、スキャルピングなど頻繁な取引を行う場合はコンマ1秒で利益となるか損失となるか分かれる場面も多くなります。

回線の問題で数百万失ったという事にならないように、事前にTryWiMAXで試したりデモ口座などで動作状況をチェックするようにしましょう。

海外でも使える?→残念ながら国内限定です。

海外旅行に持っていければすごく便利ですが、今国内で普及しているWiMAXは海外では利用できません。

いずれ海外の通信事業者が日本で使われているWiMAXに対応するか、UQコミュニケーションズが海外進出してWiMAXの設備を作るかしない限りは難しいですね。

今からWiMAXに対応するよりも、世界規模で商用化されようとしている5GにWiMAX端末が対応する方が先だと思います。

5Gに対応すれば来年か再来年には海外でもWiMAX端末が使える日が来るかもしれません。

WiMAXは現時点でコスパ最強のネット回線

長々とWiMAXで疑問に思いやすい点をFAQ形式でお答えしてきましたが契約前の不安は解決できたでしょうか?

WiMAXは通信品質という目線で見るとどうしても光回線と比べられてしまいますが、コスパで考えると圧倒的に優位です。

ビジネスで毎日何GBも通信が必要という方以外ならどなたでもお得に利用できるという敷居の低さも人気の理由ですね。

利用料金も今はどのプロバイダも拮抗していてほとんど差がないレベルまで落ち着いてきましたので、それならばアフターフォローのしっかりしているプロバイダを選びたい所。

長く使い続けるからこそ、当サイトでは端末の機種変更や固定回線への乗り換えがしやすいBroadWiMAXを推奨しています。

これまで漠然とした不安を抱えていた人もぜひWiMAXで最新の技術を体感してみてください。

多くの方がもっと早くWiMAXを知っておけばよかった、と言っていますのでぜひあなたもお早目にこの快適なサービスを体感してみてくださいね!

\WiMAXを体感しよう!/

今すぐ申し込む

Copyright© FULLMESH , 2020 All Rights Reserved.