スマホ・格安SIM

格安SIMとは?SIMの基本からデメリットまでチェックしよう!

更新日:

スマホを安くしたいと思った時に選択肢になるのが格安SIM。スマホで使う場合は格安スマホともいわれていますね。

格安SIMが登場した直後はテレビなどメディアでも大きく取り上げられたので、言葉自体は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、格安SIMや格安スマホというものがどういうサービスなのか、ドコモやau、Softbankの契約とはどう違うのかを分かりやすく解説していきます。

そもそもSIMカードとは?

標準SIM、microSIM、nanoSIM

格安SIMを解説する前に、SIMカード(シムカード)というものを見た事があるでしょうか。

上記のような形をしており、ドコモ・au・Softbankのような3大キャリアでスマホを購入した時は必ずついてくるものです。

3大キャリアで購入した場合はSIMカードはスマホに初めから装着されている事も多いので、見た事ないという方もいらっしゃるかもしれません。

スマホを利用して電話やデータ通信をする時は必ずこのSIMカードが必要です。

クリオネ
ドコモなどはUIMカードやUSIMカードと呼ばれますが仕組みは同じです。

参考

新しいものほどサイズが小さくなっています。また大きいものから順に標準SIM、microSIM、nanoSIMと呼ばれています。

SIMカードで利用者情報やネットワーク情報を管理している

SIMカードには契約者情報や電話番号など利用者を特定する情報や接続先のネットワーク情報などが詰め込まれています。

ドコモ・au・Softbankのネットワークを使って電話やデータ通信をするにはSIMに登録されている電話番号や識別番号を読み取って誰が通信しようとしているのかを特定します。

SIMカードがなければ誰が使おうとしているのかわからないので、ネットワークに接続できません。

例えるなら高速道路のETCのようなものですね。

ETC専用レーンだとETCカードがなければガードが開きませんよね。同じようにSIMカードがなければ電話やデータ通信はネットワークを通れない仕組みになっています。

SIMカードがある事によって、ドコモやau、Softbankのネットワークが使えるようになるという事ですね。

キャリアのスマホはSIMがロックされている

SIMカードのおかげでキャリアのネットワークが使えるようになりますが、キャリアで購入したスマホはSIMを自由に変更できません。

これはキャリア側が使えるSIMカードをロックしているからで、例えばSoftbankで購入したスマホにauのSIMカードを入れてもそのままでは利用できません。

ネットワークを自由に選べるようにするにはスマホ側にかけられているSIMロックを解除しなければなりません。

SIMロックについてはこれまでにいろんな議論があり、2015年にようやく新品のスマホだけはSIMロックが解除できるようになっています。

また、2019年7月には中古スマホを含めたすべての端末でロックが解除できるようになる事が決まっています。

ただロックを解除するには各キャリアで定められた最低利用期間が過ぎた後でなければできないなどまだまだキャリアの囲い込み戦略が残っているので完全に自由という訳ではありません。

クリオネ
ちなみに海外スマホはほとんどSIMロックされていません。コンビニでSIMカードが買えるくらいネットワークの自由化が進んでいます。そう考えると日本企業は商魂たくましいですね…。

SIMフリースマホならネットワークを自由に選べる

SIMロックの解除条件はキャリアによって違いますが、今では初めからSIMがロックされていないスマホもたくさん出てきています。

そのような端末はSIMフリースマホと呼ばれています。

有名な所ではASUS(エイスース)のスマホやHuawei(ファーウェイ)の端末ですね。IphoneシリーズもAppleストアで購入すればSIMフリー端末として利用できます。

SIMフリー端末では自由にSIMカードを入れ替える事が出来るので安いSIMカードを入手すればそれだけスマホ代を抑える事が可能になります。

SIMカードの入手方法

キャリアでスマホを購入すれば自動的にSIMカードもついてきますが、キャリア端末はSIMロックがかかっています。

メーカからスマホを直接購入すればSIMフリー端末として利用できますが、今度はSIMカードを個別に準備しなければなりません。

ではSIMカードだけ入手する方法は?、というとここでようやく格安SIM事業者が登場します。

格安SIM事業者ではSIMカードだけでなく、スマホやタブレット、モバイルWi-Fiルータなども同時に購入できます。

扱っている端末はほとんどキャリアと同じですが、SIMカード単体の取り扱いがあるのかという点がキャリアと大きく違う部分ですね。

格安SIMとは?3大キャリアと何が違う?

格安SIM事業者はキャリアとは違い、ほとんどがドコモショップやauショップのように実店舗を持たずにインターネット上だけで運営しています。

最近ではテレビCMでも見かける機会が増えましたが、3大キャリアほど宣伝も多くないのででネットをあまり使わない人は馴染みがないかもしれませんね。

ここからは格安SIMサービス特有の特徴についてご紹介していきます。

格安SIMの提供エリアはキャリアに依存

格安SIM事業者はドコモやau、Softbankといったキャリアからネットワークを借りて運営しています。

そのため、どの通信キャリアの回線を使うかによって提供エリアは変わります。

格安SIM事業者が独自に構築する事はありませんので、使えるかどうかは完全にキャリア依存です。

ただ、仮にSoftbankで使えなくてもドコモ回線に切り替えるなどは簡単に出来るのでエリアについて心配する事はあまりないでしょう。

格安SIMでは端末の購入が任意

キャリアでは端末の購入を前提として音声通話とデータ通信の料金プランを決めます。対して格安SIMでは端末を購入しなくても料金プランだけ選べばSIMカードだけが届きます。

もちろん端末の購入とセットにしても大丈夫です。この場合は格安SIMではなく格安スマホというのが正しいですね。

メーカから直接スマホを購入すれば自然にSIMフリー端末になるので、あとはSIMカードだけ格安SIM事業者から入手すれば普段通りスマホが使えるようになります。

なおキャリアから格安SIMに乗り換える場合は電話番号の移し替え(MNP)手続きが必要で、端末によってもSIMロックを解除できるか異なります。

上手に乗り換える為には注意点がいくつかありますので詳しくは乗り換えに関する記事を御覧ください。

格安SIMはデータ通信に特化している

格安SIMというくらいですから、格安SIM事業者はキャリアよりも利用料が安いです。

ただし、音声通話はキャリアのように完全かけ放題ではなく、最初の5分や10分だけかけ放題というプランがほとんどです。

したがって、お仕事などで頻繁に長電話するような方はLineアプリなどを駆使しないとキャリアのかけ放題の方が安上がりになります。

逆にデータ通信は格安SIMの方が圧倒的に安いです。

例えばキャリアで2GB使えば一番安いauでも3,500円かかります。格安SIMなら1,600円前後が相場です。

この利用料の安さが格安SIMの唯一最大の魅力と言えるでしょう。

<格安SIMとキャリアの特徴>
 格安SIMキャリア
音声通話完全かけ放題なし完全かけ放題あり
データ通信安い高い

具体的な利用料については毎月キャンペーンなどで変動がありますので、最新の情報をチェックするようにしましょう。

格安SIMでは一部機能が使えない

キャリアでは当然のように使えていた機能でも、格安SIMでは使えない場合があります。

例えば「*@docomo.ne.jp」、「*@ezweb.ne.jp」、「*@softbank.ne.jp」などのキャリアメールと呼ばれるものは格安SIMでは利用できません。

対策としてGmailやYahooメールのようなフリーメールがありますが、実家のご両親が使っているガラケーの登録情報を変更してもらうなどハードルが高い人もいるでしょう。

そういった方はメールアドレスの変更が簡単にはできないので、帰省のタイミングまではキャリアの契約プランを一番安いものに変更して格安SIMをメインとして利用するなど臨機応変に対応する事をお勧めします。

また、有料アプリやアプリ内課金で便利なキャリア決済も利用できません。

代替手段としてクレジットカードによる都度決済がありますが、クレジットカードを持っていない学生さんなどは不便に感じる部分でしょう。

<使える機能の違い>
機能キャリア格安SIM
キャリアメール
キャリア決済
SMS(ショートメール)
テザリング
おサイフケータイ
公衆無線LAN
* ▲は契約プランや使用する端末によって変わります。

格安SIMは通信速度が遅い

格安SIM事業者はキャリアのように独自にネットワーク回線を構築しているのではなく、キャリアから回線を借りて運営しています。

借りている回線の太さは事業者ごとに違いますが、キャリアと比べれば100%狭いです。

モバイルネットワークの概念はかなり複雑で事業者によって回線を太くする(増速)判断も違います。

そのため、断定的な事は言えませんが格安SIMだと利用者が集中する時間帯(12:00~13:00や夜間)は通信速度が遅くなりやすいという点だけ抑えておきましょう。

ポイント

通信量(トラフィック量)で太くする事業者も入れば契約数で太くする事業者など様々です。増速基準は基本的に非公開ですので速度が気になる方は別途モバイルWi-Fiルータを用意する事をお勧めします。

端末設定はほぼ利用者側で実施する

キャリアでスマホを買えば、たいてい電源を付ければすぐに使える状態になります。

しかし格安SIMではSIMの装着からネットワーク設定(APN設定)まですべて利用者側が実施しなければなりません。

この点が一番厄介で利用者を遠ざけている理由でしょう。

これまではキャリアが設定してくれていた部分を自分で設定するので利用料も安いという理屈ですね。

どうしても上級者向けのサービスと位置付けられていましたが今では各事業者の公式サイトでも設定方法が詳しく解説されていますし、契約後は設定ガイドもついてきます。

必要な手順をきちんと順番通り実施すれば、SIMカードが届いてから3分で設定も完了しますので、通信費を引き下げたい方はぜひチャレンジする事をお勧めします。

クリオネ
当サイトでもつまづきやすい部分はしっかりと解説していきますので、ぜひ参考にしてもらえれば嬉しいです。

格安SIMの基本まとめ

格安SIMサービスについてまとめると以下の通りです。

ポイント

  • SIMロックを解除した端末かSIMフリー端末でのみ利用可能。
  • SIMロック解除はキャリア別の条件をクリアする必要がある。
  • SIMフリー端末はメーカ各社から購入可能。
  • 格安SIMサービスはデータ通信に特化している。
  • 格安SIMサービスはキャリアで使えていた機能が使えない。
  • 格安SIMサービスはキャリアよりも通信速度が遅くなりやすい。
  • 格安SIMサービスの初期設定は利用者側で実施する。

格安SIMサービスは「格安」という名称から怪しさが滲み出てしまっています…。更にSIMという言葉から難しそう、めんどくさそうなどマイナスイメージがつきまとうサービスです。

しかし、中身はドコモ・au・Softbankと同じ回線を使っていますし、扱っている事業者もBIGLOBEやSo-netといった大手プロバイダがほとんどです。

キャリアと比べると月々4千円~6千円も安くできる可能性を秘めたサービスですので、毎月のスマホ代を抑えたい方は導入を検討してみる事をお勧めします。

Copyright© FULLMESH , 2020 All Rights Reserved.