スマホ・格安SIM

格安SIM料金の相場は?契約形態・料金プランと一緒にチェックしよう

更新日:

格安SIMは比較的、新しいネットサービスの形です。

キャリアでスマホを購入する際は検討する必要がなかったSIMという要素が出てくるのでどんな料金プランがあるのかイメージしずらいという方も多いのではないでしょうか。

格安SIMの契約内容や料金プランはふたを開けてみると案外シンプルになっているのでキャリアよりも分かりやすくなっています。

ここでは格安SIMの契約内容や料金プランについて相場価格を交えながらご紹介しています。

なお、格安SIMのメリットやデメリットを含めた基本的な事については下記の記事でご紹介していますので、初めから知りたい方はこちらをご覧くださいね。

格安SIMとは?SIMの基本からデメリットまでチェックしよう!

格安SIMサービスの契約内容

Free-Photos / Pixabay

格安SIMサービスを契約する際はまずSIMカード単体かスマホなど端末とセット購入するかを選びます。

既にSIMロックを解除したスマホかSIMフリー端末をお持ちであればSIMカード単体で契約するだけでいいので端末代がいらない分安上りになりますね。

ドコモ・au・Softbankのようなキャリアでは基本的に端末を同時購入しないといけませんので、格安SIMサービスならではの商品と言えるでしょう。

SIMカードのみで契約する場合

SIMカードも一つだけではなく、どの事業者でも以下の3つのサービスに分けられています。

ポイント

  • データ通信専用SIMカード
  • SMS機能付きSIMカード
  • 音声通話付きSIMカード

一番簡素なものはデータ通信のみできるタイプです。データ通信専用SIMをスマホに挿入しても通話はできません。

SMS、データ通信を含めてすべて備わっているのは音声通話付きプランなので、音声通話付き>SMS機能付き>データ通信専用という順で料金も高くなります。

また、格安SIM事業者によっては独自のサービスが付け加えられる事もあります。

LINEモバイルではLINEアプリをいくら使っても通信容量を消費しなかったり、DMMモバイルなら動画を安くレンタルできるなどです。

他にも容量を翌月に持ち越せたり、余った分を他人に分けるなどユニークなものもあります。

料金だけではなく、普段からよく使うサービスがお得になるようなものを選ぶと格安SIMがより便利に使えますね。

クリオネ
SIMカードは1契約で複数を手配できるのでご夫婦で使いたいという場合などは契約の一元管理ができて楽という特徴もあります。

スマホ・タブレット・モバイルWi-Fiルータとのセット契約の場合

格安SIM事業者では、SIMカード単体での契約もできますが、キャリア同様にスマホやタブレットとのセット販売も実施しています。

端末のラインナップは事業者ごとに違いますが、主にASUSのZenFoneシリーズを取り扱っているという点がキャリアとの大きな違いでしょう。

逆にキャリアではAppleのIphoneをはじめ、SonyのXperiaシリーズやSamsungのGalaxyシリーズを取り扱っています。

下記が扱っている端末シリーズの表です。

IphoneシリーズはAppleストアでSIMフリー端末が購入できますが、格安SIMではIphoneSEなどやや古い端末しかセットにできない事が多い為ここでは▲としています。

概ねどの格安SIM事業者も割賦割に対応しており、1,000円~2,000円程度がSIMカードの利用料に上乗せされる形になります。

ご自分の欲しい端末が格安SIMで取り扱っていない場合は、別途SIMフリー端末としてメーカから購入してSIMカード単体で契約すると良いでしょう。

格安SIMのサービスプラン

格安SIMサービスはSIMカードの性能によって料金プランが決まります。主なプランは3つに分かれます。

ポイント

  • データ通信専用プラン
  • SMS機能付きプラン
  • 音声通話付きプラン

プランの名称は各社によって違いますが、どの事業者でもこの3つを基本としたプランを展開しています。

一部の事業者はSMS機能付きと音声通話付きプランを一緒にしていたり、音声通話付きプランしかやっていない所もあります。

目的に合わせてどのプランにするか決めると良いでしょう。

クリオネ
例えばメインスマホとして使うのか、2台目のサブとして使うのか、子供に初めて持たせる用なのか、などですね。

各プランは更に細かく容量や無料通話の有無などで細かく分かれています。ここからは代表的な例をご紹介していきます。

データ通信専用プラン

データ通信専用プランのSIMカードは、仮にSIMロックが解除されているスマホに挿入しても通常の電話は使えません。

完全にデータ通信専用なので、通話がしたい場合はLINEアプリなどを使うしかありません。

また、月間通信容量が細かく定められており、最小500MBから無制限プランまで様々です。

ほとんどの事業者は最小単位を1GBに設定していますが、モバイルWi-Fiルータを併用するなど容量を限りなく小さくしても大丈夫ならmineoの500MBプランが一番小さいです。

逆に無制限プランは大手で扱っている所はスマモバかDTIくらいですね。ほかにも2,3社扱っている所はありますが、あまりメジャーではない所はサポート面など不安要素が残るので避けておくと無難です。

電話番号を必要としない方や、2台目のスマホ用、タブレットやモバイルWi-Fiルータ専用としての使い道が多いプランですね。

SMS機能付きプラン

SMS機能付きプランはデータ通信専用プランにショートメールが使える機能が追加されたプランです。

キャリアで契約すると当然のようにショートメールは使えますが、格安SIMサービスではこちらのプランでなければショートメールが送受信できません。

メールアドレスを知らない相手やLINE交換をしていない人とやり取りしたい場合などに重宝するプランです。

利用料もデータ通信専用SIMに120円~150円程度上乗せされる程度なので大きな負担にもなりにくいのが特徴です。

音声通話付きプラン

音声通話付きプランではSMS機能もデータ通信も使えるので、全部入りのプランと言えます。

全ての機能が使えるのでもちろん一番利用料は高くなります。

キャリアから乗り換える場合にはこちらのプランにしないと今まで使っていた電話番号は使えません。

メインのスマホとして利用する場合にはこちらにしておくと良いでしょう。

プラン別の料金相場について

777546 / Pixabay

では各プランが実際にどのくらいの利用料なのか、相場を見ていきましょう。

格安SIMの料金相場

事業者によって用意されている容量プランや無料通話パックなどが違いますので、主要なプランだけピックアップしますね。

クリオネ
SMS機能付きはデータ通信用SIMに120円~150円加算された金額が相場です。

 

どの事業者でも無料音声通話パックがオプションとして用意されています。「5分以内は無料」や「10分以内は無料」のようなかけ放題オプションですね。

かけ放題オプションをつける際は5分以内なら500円、10分前後のかけ放題なら850円前後を料金に加算したものが相場になります。

なお、容量が無くなった時の追加は大体500MB/500円程度です。ただ容量の追加には30GBまでなど上限を設けている事業者も多いので気を付けてくださいね。

注意ポイント

容量無制限プランに関しては「完全無制限」と「〇日で〇GB」までのような制限付きの無制限プランを一緒にしています。

また実施している事業者がほとんどなく、料金の幅もかなり大きいので参考程度に御覧頂ければ幸いです。

格安SIMの最安事業者は?

格安SIM事業者は今まで光回線のプロバイダ事業などをやっていた会社以外にも、動画配信会社やレンタルサーバ会社などかなり幅広い業界から参入してきています。

現在ではかなりの企業数がありますし、各事業者が毎月のようにキャンペーン内容を更新しているのでかなり価格競争が激化しています。

一つ一つをチェックするとおそらく休日が一日潰れてしまいます。

したがって安い所を見つけるには最新の情報をきちんと更新している情報サイトをチェックすると良いでしょう。

私の方でも毎月更新された内容をグラフ化して掲載していますので、ぜひ参考にして頂ければ嬉しいです。

格安SIMの契約・料金プランまとめ

格安SIMの契約及び料金プランに関する事をまとめると以下の通りです。

ポイント

  • 契約内容はSIMカード単体か端末+SIMのセット契約が基本。
  • 料金プランはデータ通信のみ・SMS機能付き・音声通話付きの3つ。
  • 容量の詳細は事業者によってバラバラ。
  • 最安値事業者の数はどんどん増えており、毎月キャンペーンで変動する。

事業者ごとにプラン名が違う事もありますが、この記事で記載した内容を踏まえて公式サイトをご覧になるとプランの確認方法が分かりやすくなるかと思います。

利用料は毎月変動が大きく、キャンペーンを利用すると初期費用が無料になったり半年間は半額になったりとかなりお得なものも多いです。

1年間の費用で見ると大きく変わってくるので必ず最新の情報をチェックするようにしてくださいね。

Copyright© FULLMESH , 2020 All Rights Reserved.