WiMAX端末情報 WiMAXの未来予測

【WiMAX】WX06・W07・HOME02の発売日と性能予測

更新日:

WiMAXは最新端末の発売サイクルがおよそ1年単位です。

ほとんどのプロバイダが端末代を0円に設定しているので、新たに契約する人も乗り換えを考えている人も出来るだけ最新端末を選びたい所。

もしあなたが最新機種を狙っているのでしたら、この記事は契約タイミングを測るのに役立つものとなるでしょう。

ここでは通信キャリアで働く筆者が、業界のトレンドを交えながらWX06やHOME02の発売日と性能について予想しています。

なおUQの内部情報を把握している訳ではありませんので、あくまで業界のトレンドを踏まえた予想である点にご注意ください。

お前のとこの内部事情は話さないのか
Bさん(43)
クリオネ
さすがにコンプラ違反で懲罰は受けたくないです…。でも既に公になってる情報も多いからわかりやすく解説していくね!

発売時期予想

 

現在モバイルルータはW06とWX05、ホームルータはL02が最新端末として販売されています。

順に追っていきましょう。

NEC製モバイルルータ

まずはNEC製のWXシリーズですが例年の周期から見て2019年11月7日~14日の間に発売されるとみています。

WXシリーズの過去の発売日は以下の通りです。

端末発売日
WX052018年11月8日(第2木曜)
WX042017年11月9日(第2木曜)
WX032016年12月2日(第1金曜)
WX022015年11月20日(第3金曜)
WX012015年3月5日(第1木曜)

一見、周期性は見られませんがWX04から11月の第2木曜日に発売されています。

予想の根拠としてあまりにもサンプルが少ないですが2度同じ規則性で発売している事からなるべく同じ時期に合わせてくると読んでいます。

なお、7日~14日と幅を持たせているのは、2019年11月は第2木曜が14日と少し遠いからです。

大体UQからは1週間くらいまえにプレスリリースされるので、10月終わり頃からチェックしておくと情報をキャッチしやすいでしょう。

WiMAXの初月利用料は日割りされたり、当該月は無料になる事もあるのでリリースされた直後に申し込むようにすると金銭的にお得です。

HUAWEI製モバイルルータ

HUAWEI製のWシリーズは例年通り行くと2020年1月17日または24日なのですが、私の予想ではW07は発売されないのではと睨んでいます。

代わりに国内メーカの富士通や、エリクソン・ノキアといった北欧系メーカの端末が入ってくるかもしれません。

これは国内のトレンドとして中国メーカの製品を排除する動きがある為です。アメリカの中国メーカ排除の方針に同調した形ですね。

詳しくは下記のニュースが分かりやすいです。

もともとSoftbank以外は中国製品をそこまで深い範囲で導入おらず、スマホやWi-Fi端末だけ中国製品を導入していましたが全体的に中国製品が出回る確率は少なくなっていくと思われます。

UQとしても端末の種類が減る事はあまり望ましい事ではないはずなので、別メーカと提携するのではというのが私の見方です。

新しいシリーズが出るかもしれないのか。楽しみだな
Bさん(43)
クリオネ
そうだね!もしかしたらサムスンの端末とか出たりして(笑)

ホームルータ

次のホームルータはHOME 01が登場した時期に合わせて2019年12月上旬に発売されるのではと予想しています。

ホームルータもHUAWEI製のL02が1月に発売されたばかりですが、同時に去年末にはNEC製のHOME 01が新しいシリーズとして登場しています。

中国製品排除の動きもありますので今後はNEC製をメインに据えて、Wシリーズと同様に別メーカのものが登場するのでは、というのが私の見解です。

スペック予想

続いて端末ごとのスペックについてです。

最近では5Gという言葉もよく見かけるようになりましたね。まだWiMAXで5Gが使えるとは思えませんが、そのあたりも踏まえて予想していきます。

なお、HUAWEI製の端末は次に発売されるか怪しいので含めておりません。

5Gが使えるようになるか

真っ先に期待されるのは5Gの導入。医療機器など重要な施設に導入された後にWiMAXでも使えるようになる事は確実です。

おそらくWiMAXでは今のハイスピードエリアプラスモードの延長のような形で使えるようになるはずです。

そもそも5Gって?

今普及している4Gに代わる次世代の通信技術です。速度が20Gbps以上+1msという超低遅延、更に企業側の導入コストまで安いという特徴があります。

企業の導入コストが減れば我々ユーザーとしても負担額が増える心配が少くなるので嬉しいですね。

5Gについては下記の記事でも詳しく解説しています。

5G登場でWiMAXはどう変わる?キャリア社員がざっくり解説

ただ、次のWX06やHOME 02で導入される可能性はまだ低いです。というのもまだ5Gは実験や検証の段階なんです。

また、全国にある通信機器の設定見直しや整備が必要なのでもう少し待つ必要があります。

WX06やHOME 02ではまだ体感できないでしょうが、2020年末に登場する端末あたりからWiMAXでも使えるのでは、と考えています。

5G!最近よく目にするな!
Bさん(43)
クリオネ
導入も仮想化技術とかを駆使して低コストになってきてるからこれからもっと話題になるだろうね!

参考

通信キャリアで使われる5G対応の通信機器は世界中のメーカ(ベンダ)が使われます。

例えば国外からはCisco、Juniper、Ericson、Nokia(+アルカテル)、Allied Telesisなど超メジャー所に加え、国内では富士通やNEC、パナソニックといった馴染みのある企業も関係しています。

そしてこの中には渦中のHUAWEIもおり、UQ側は通信機器で中国系ベンダをはずすと公表しています。

外部リンク:au、5G基地局からファーウェイを排除を示唆――高橋社長取材にて

端末までは言及されていませんが、Wシリーズは出ない可能性が少なくないと見ています。

アンテナ感度

NEC製の端末はもともと電波感度が良かったと評判ですが、最新端末で電波の出力を限界ギリギリまであげています。

既にWX05でもビームフォーミングには対応しているので次はW06で搭載された4×4MIMOの対応ですね。

2019年末にWX06が出るとなればこの辺りが期待されます。

5Gになれば少ないアンテナで広範囲を拾えるようになるので、2020年に登場するであろうWX07や別シリーズにも期待ですね。

通信速度

5Gが使えるようになれば通信速度で困るような事はなくなるでしょう。しかしアンテナ感度と同様にWX06やHOME 02ではまだ使える可能性は低いです。

なお速度をあげる為の技術(MIMOや256QAM、CA)はW06で実績があるので、NEC製の次の端末も全部取り入れて1Gbpsまであがる可能性は十分あります。

ただ、通信速度をあげようとすると消費電力があがるので、次で紹介するバッテリー性能とはトレードオフと考えておくようにしてください。

参考

MIMO…マイモ。アンテナ技術の一つで速度と安定性が増します。

256QAM…256カム。一度に送受信するデータ量があがり、結果的に速度が上がります。

CA…キャリアアグリゲーション。別々の周波数を束ねる技術で、速度が上がります。

バッテリー容量

バッテリー性能は少し予想が難しいです。

もともとNEC製の端末は通信速度を抑えてバッテリーの消費を抑えていました。しかし、WX04もWX05もバッテリーの熱問題が起きています。

NECも次こそはこの問題に着手するかと思われます。(というかしてくれないとさすがに困ります。)

W06のように速度を優先する場合は消費電力が多くなるのでW06と同じくらいの9時間程度に落ち着くはずです。

HUAWEIが扱いづらい状況の中、UQやNECがどちらの方針を取るのか…。

どちらかというと速度自体はWX05の440Mbpsでも十分実用に耐えるものなので、速度は据え置きにしてバッテリーを改善するのではと予想しています。

結局5Gまでそこまで劇的に変わらんって見ていいのか?
Bさん(43)
クリオネ
そうだね。次も色々機能は向上するだろうけどインパクトって意味じゃそんなにないかも。バッテリー問題を除いて…

新機種を待つべきか

WiMAXのような通信機器は開発スピードが速いので、最新機種を狙っているといつ申し込みすればいいのかタイミングを図るのが難しいサービスです。

次に登場するのは早くとも2019年11月頃なので、それまで待つか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

結論としては今の時点で検討されている方は11月まで待つ必要はありません。

性能面の違いは体感しずらい

例えばWX06で通信速度が440Mbpsから1Gbpsまで向上しても、W06と速度の違いが体感できるほどではないでしょう。

数十GB級の大きなアプリケーションやソフトウェアをダウンロードすれば数秒早くなるという違いは出てきますが、普段使いでは気になる事はほとんどありません。

何ヶ月も待っていればそれだけ他のネット回線で費用や時間を取られますので、いずれWiMAXを使う予定なら早めに使い始めた方が便利だし経済的です。

確かにスマホの容量とか追加で買ってるなら早く使い始めた方がいいかもな
Bさん(43)
クリオネ
容量の追加購入ってコスパめちゃくちゃ悪いしね…。

無償で機種変更できる所を選ぶ

プロバイダの中には、使い続けるだけで端末を無償で機種変更してくれる所があります。利用料やサポート面でも優れているBroadWiMAXがもっとも有名ですね。

BroadWiMAXでは最新端末もいち早く導入しているので、今契約しておけば5G対応端末が出た時にもすぐ交換できます。

多くのWiMAXユーザーに選ばれているので、あなたが最新端末を狙っているなら最優先に検討する事をお勧めします。

WX06・W07・HOME02発売予想まとめ

WiMAXの次の端末はこれまでの周期に当てはめるなら2019年11月上旬にNEC製のものが発売されるでしょう。

その次はHUAWEI製だったのですが、国内における中国製品の取り扱いが激減する可能性が高いので別のメーカから新シリーズが出るのではと考えています。

新端末の発表までまだ時間がありますし、次の端末ではほぼ間違いなく5G対応とはならないので端末選びでお悩みなら今ある最新端末を選ぶようにすると良いでしょう。

中でもBroadWiMAXでは20ヶ月以上の利用で最新端末に交換できる仕組みがありますので積極的な利用をお勧めしています。

思い立ったが吉日と言いますが、WiMAXを使い始めた方は口をそろえて「もっと早くしっておけばよかった!」と言ってます。

スマホのパケット代や毎月の通信費を気にしたくない方はぜひこの機会にチェックしてみてくださいね!

【おさらい】当記事のおすすめ

BroadWiMAX

BroadWiMAXは多くのプロバイダの中で1,2を争う人気の高いプロバイダです。

その理由はトップクラスに安い利用料といくつもの充実したサポートがあるから。誰でも安心してWiMAXが使えるので多くのユーザーから支持を得ています。

利用料の安さに加え、最新端末はもちろん0円。さらに20ヵ月後には最新機種に無償交換もしてくれる。そして極めつけは他社で発生する違約金すら会社が負担。

ここまで充実しているのってすごくないですか?

初めてWiMAXを選ぶ方だけでなく、既に他社でご利用中の方にも幅広い方にお勧めのプロバイダです。

Copyright© FULLMESH , 2019 All Rights Reserved.