光回線

【料金?速度?】重視するポイントから探す失敗しない光回線の選び方

更新日:

光回線はニーズの多様化によって色んな選択肢から選べる時代になりました。

利用者からすれば色々な中から選べるのは良い事ですが、種類が増えるほど比較する要素も増えるので簡単に選ぶ事が難しくなります。

人によって重視するポイントは違いますので、評判や口コミに騙されない為にはあなた自身が重視するポイントで優秀な光回線を探す事が大切です。

この記事では重視するポイント別に具体的な探し方とその理由についてご紹介しています。

重視するポイント別の失敗しない選び方

下記は重視するポイントごとに失敗しない選び方についてまとめた表です。

各項目の詳しい解説はリンク先を参考にしてみてください。

重視するポイント失敗しない選び方
料金の安さ1.スマホとのセット割があるもの。
2.各地域で一番安いもの。
通信速度1.NURO光 auひかり の2Gbps以上のプラン。
2.v6プラスのようなIPv4 over IPv6オプションがあるもの。
サービス内容のわかりやすさ
1.一体型
2.光コラボ
工事の難しさ1.フレッツ光・コラボ光系
2.auひかり
3.NURO光 
4.地域の電力会社系
サポート体制1.auひかり
2.フレッツ光ソフトバンク光
3.地域の電力会社系
ネームバリュー1.NTTのフレッツ光
2.auのauひかり
3.Softbankのソフトバンク光 など。
セキュリティ1.どこでも同じ。
開通までの期間1.工事の難しさと連動。
2.急いでいる場合はモバイル回線も視野に。

料金の安さ

光回線の料金は回線利用料とプロバイダ利用料で出来ています。更に細かく分けると契約手数料や工事費といった初期費用と毎月の利用料に分けられます。

事業者によって期間限定の割引やキャンペーンを実施していますので、総合的な費用を考える場合にはそれぞれの特典の適用期間に注意してください。

現在ではお使いのスマホとセットにする事で受けられる割引が非常にお得です。まずはご自宅の料金タイプを把握してから地域別の最安値サービスと比較すると良いでしょう。

料金を優先的に選ぶとNURO光やauひかりで実施されている2Gbpsや10Gbpsのプランは選べません。速度もある程度重視したい人は高速化オプションを検討してみてください。

通信速度

光回線の通信速度を真剣に比較するには、ある程度技術的な知識が必要になるので検討が難しい分野です。

多くの光回線は1Gbpsですが全てベストエフォート型の為、必ず1Gbps出るものではありません。更に申し込みするプロバイダや利用する住所、申し込みのタイミングによっても変わりかなり運要素の強い部分です。

運任せにしたくない方はNURO光やauひかりで提供されている1Gbps以上のプランを選ぶと良いでしょう。

他の事業者でも、IPv4 over IPv6という技術を使ったサービスであれば夜間でもストレスなく利用できる可能性が高いです。IPv4 over IPv6オプションは事業者によって名称が違いますので、以下を参考にしてみてください。

光回線選べる高速プラン
NURO光 2Gbps/6Gbps/10Gbps
auひかり 5Gbps/10Gbps
高速化オプション利用できる光回線
v6プラスフレッツ光・光コラボ系
transixexcite光 IIJmio
IPV6(IPoE)+IPV4高速ハイブリッドソフトバンク光
IPv6オプションビッグローブ光

高速化オプションは有料・無料さまざまですし、まだまだ一部のプロバイダしか用意されていませんが、速度を重視する方は必ずいずれかのオプションに対応している光回線か確認しましょう。

サービス内容のわかりやすさ

光回線はなんといってもその仕組みが複雑です。ネットを使う為に回線事業者とプロバイダという2社の契約が必要というのは初めて利用する方にとって理解に苦しむ部分ではないでしょうか。

細かい解説は別記事にて解説しておりますが、現在は回線とプロバイダがセットになった一体型(または光コラボ)と言われる光回線も多く登場しています。

あまり複雑な検討をしたくない方は回線とプロバイダが一緒になったシンプルな一体型のサービスを選ぶと良いでしょう。

ただし、光コラボでは速度やサポート面において不満が出る可能性が高いので注意してください。

工事の難しさ

光回線は光ファイバーを建物に引き込むところから始まります。

最近の集合住宅では初めから用意されている事も多いですが、利用するには別途工事が必要になる事が大半です。

工事の内容は申し込む回線事業者によって判断が変わりますが、フレッツ光や光コラボでおこなわれる工事が基準になります。

選べる方法は多くありませんが、それぞれの事業者に意見を聞くと良いでしょう。

フレッツ光(または光コラボ)
auひかり
NURO光
・地元の電力会社系(eo光 コミュファ光 メガエッグ ピカラ光 BBIQなど)

サポート体制

光回線は料金プランも複雑ですし、開通までの工事、開通後の設定も機械に疎い人には難しいものです。各事業者はそんな人にもサポートとして窓口を用意していますが、中には「こんな事知ってて当然」という感覚で説明してくる事業者もいます。

安心して設定方法など問い合わせができるのはやはり業界大手の事業者が強いです。

専用のコールセンターを用意していますし、大手であればそれだけ多くのサポート実績もあります。

中でもauは昔からユーザーファーストといってお客様を大切に扱っている事で有名です。光回線を使うにあたってなにかと不安な方は、auを中心に大手から選ぶと良いでしょう。

光コラボはまだサポート実績も少ないので避けておくと無難でしょう。

ネームバリュー

光回線といえば、NTT東西のフレッツ光が最もメジャーです。しかし元国営だけあって、やや融通が利きづらい印象が残ります。

逆に利用者の満足度が高いauがシェアを伸ばし始めています。

ソフトバンクは独自のネットワークを持っておらず、NTTのフレッツ光を利用した光コラボという形で提供しています。

知名度から選ぶ場合、フレッツ系(NTTorソフトバンク)かauという枠になるでしょう。

セキュリティ

ネットショッピングやネットバンキングを頻繁に利用したい方はセキュリティを気にする方も多いでしょう。

結論としては今ある光回線ならどれを選んでも危険性の優劣はさほどありません。

利用する光回線の事業者が外部からサイバー攻撃される可能性について多い・少ないはありますが、個人利用をするなら気にするほどのリスクではありません。

一般家庭では、悪意あるサイトにアクセスしてウィルスに感染する事でPCの中身が漏れてしまったり、クレジットカードの情報を読み取られる方が脅威です。

このようなリスクから身を守る方法はセキュリティソフトを導入する事が最も一般的です。

一部のプロバイダでは無料でセキュリティソフトがついてくるので、ネット回線の総合費用という見方をするとややお得になります。

開通までの期間

工事の内容と連動しますが、開通までの期間は事業者によって変わります。

申し込みからどれだけすぐに利用したい場合でも数週間は見ておく必要があるので、緊急的にネットを使いたい場合は一時的にモバイル回線を使う事も視野に入れると良いでしょう。

注意点としてモバイル回線もほとんどの事業者が契約期間の縛りを設けています。契約期間の縛りがないものは料金が高くなりますので、どのくらいの期間使うかはっきりさせておくと良いでしょう。

全部重視している場合

なかなか優先順位をつけられない、全部まとめて「いい感じ」のものがいい、というのが人情でしょう。

この先は優先順位を決める理由について少しお話していきます。

すべてがバランスよく揃っているものが一番いいものですよね。料金が程ほどに安く、速度も程ほどに出て、サービスも程ほどにわかりやすいもの…。

難しいのはこの「程ほど」が人によって違う点です。

例えば提供会社のネームバリューが大きなところやサポート体制がしっかりしているところを探したいとしましょう。NTTやauといった大企業であればほとんどの方はご存知ですが、エキサイトやDTIはどうでしょうか?

どちらも歴史あるプロバイダで業界内では大手と呼ばれてもおかしくありませんが、初めて光回線を選ぶ方からすれば、初めて聞くという人もいるのではないでしょうか。

このように身近な人や情報サイトでお勧めを調べても、その人の知識やこだわりがあなたと違うのでなかなかピンと来るものを探せません。光回線以外でもネットで調べものをしている時、よく「そうじゃないんだよなぁ」と思う事はありませんか?

「ネット回線に月々5,000円出すと高いか安いか」という単純な比較でも、人によって感覚が違うので、全ての人にお勧めの万能なサービスは存在しないんですね。

そこでまずあなたが一番優先したいポイントで優れている光回線をピックアップしていく事が後々後悔しない為の第一歩となります。

評判や口コミを参考にするのは危険?

自分でしっかり確認していく、と言っても全てを確認していくのは大変ですよね。

あまりに情報量が多いと他人の評判や口コミを参考にしたくなります。しかし光回線のように、比較するポイントが多いようなサービスを評判や口コミで選ぶのは非常に危険です。

光回線のようなネットサービスの多くはスマホのように契約期間に縛りを設けています。例えば契約期間から2年以内の解約は違約金が2万円近くかかる、などです。

誰かの意見を参考に選んだ結果、すぐに解約したくなっても簡単に解約する事ができませんので契約前にしっかり納得した方がいい、という事ですね。

また、光回線の速度についても、申し込みする住所やタイミングによってどうしても運次第な部分があります。例え信頼できる友人がお勧めしてきても、あなたも同じように利用できる保証はありません。

Twitter上で検索してみても下記の通り、やはり評判や口コミを頼りにしてもあまり良いものに繋がる事は少ないです。

口コミに惑わされない為にもしっかりとあなた自身の希望をはっきりさせて後悔しないように注意してくださいね!

重視するポイントが見つけられたら

なにを期待して光回線を選ぶのか、あなた自身の基準は見つけられたでしょうか?

次は実際に重要視するポイントの中で一番優れたものを探すだけです。

このサイトでも、ポイント別に優れた光回線を解説していますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

Copyright© FULLMESH , 2020 All Rights Reserved.