WiMAXプロバイダ

【注意喚起】GMO WiMAXのキャッシュバックは本当にお得か?

更新日:

参考

こちらの記事ではGMOのキャッシュバックキャンペーンについて解説しています。

月々の利用料割引キャンペーンについては別の記事でご紹介していますのでご注意ください。

ネットでWiMAXと検索するとキャッシュバックが大きいプロバイダとしてGMOが推されています。

現在も通信キャリアでどんなサービスが皆さんに喜んでもらえるか、心身を削って考えている私からすると、読む方の感情を無視し、事実を捻じ曲げ、プラス要素の大きなプロバイダすら誇張して貶めるような記事に強い、本当に強い憤りを感じています。

決してGMOが悪徳業者だと言っているのではありません。最大限メリットを享受すれば間違いなくお得なプロバイダです。しかしあまりに強引に誘導する情報サイトが目立っており、多くの方が損している現実があります。

大げさな煽りタイトルを付けているものも多いですが、もしキャッシュバックを受け取れなくてもそういうWEBサイトが責任を取る事は絶対にありません。契約させたら後は知らないというスタンスのWEBサイトをあなたは信じられますか?

この記事では注意喚起の意味も込めて、なるべく中立的な目線でGMOがどんなプロバイダなのか解説していきます。

記事内の凡例について

記事内では重要な部分を色マーカーで強調しています。色や太さの目安は以下の通りです。

青色のマーカー:メリット
黄色のマーカー:注意点
赤色のマーカー:デメリット
マーカーの太さ:重要度

GMO WiMAXの料金は実際、安いの?

利用料から考えていきましょう。キャッシュバックや契約期間の縛りなど、間接的に利用料に影響する部分は一旦無視した形が以下の通りです。

なお分かりやすさの為に比較対象としてBroadWiMAXの料金を掲載していますがご了承ください。

<GMOと他社プロバイダ料金比較>
料金GMOBroadWiMAX
契約手数料3,000円3,000円
端末代金0円0円
端末送料0円0円
[1~2ヶ月目]利用料3,609円2,726円
[3~24ヶ月目]利用料4,263円3,411円
[25ヶ月目~]利用料4,263円4,011円
[1年間合計]52,848円42,562円
[2年間合計]104,004円83,494円
[3年間合計]155,160円131,626円

利用料金だけで見るとまだGMOはお得ではありません。

月額利用料を割引しているのはキャッシュバックではない方なので注意してくださいね。

注意ポイント

追記:GMOは月額割引でもわずかにキャッシュバックするようになりました。断然割引の方がお得なのでキャッシュバックだけのキャンペーンは避けておくことをお勧めします。

GMO WiMAXの契約期間について

追記

GMOも2年プランを辞めてしまい、3年プランとなりましたので契約プランに関する内容は削除しました。

GMO WiMAXのキャッシュバックキャンペーンについて

GMO WiMAXが推される最大の理由が細かく設定されたキャッシュバックキャンペーンでしょう。

もはや受け取れるか、受け取れないかだけを気にすればいいと言ってもいいですね。

キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダはほかにもありますが、金額面では魅力を感じる方も多い部分です。

下記は2019年10月現在、GMOが実施しているキャッシュバックの詳細です。端末とクレードルの有無によって設定されています。

<2019年10月キャッシュバック条件>
ルータクレードルCB金額
Speed Wi-Fi NEXT W06-31,100円
Speed Wi-Fi NEXT WX05無し28,100円
有り31,100円
Speed Wi-Fi NEXT W05無し36,000円
有り31,800円
Speed Wi-Fi HOME L02-30,600円
Speed Wi-Fi HOME L01s-32,000円
WiMAX HOME 01-30,400円

W05+クレードルなしという条件が最大金額になります。逆に最新機種では3万円前後といった所ですね。

無事にキャッシュバックを受け取る事に成功すれば他社を追い抜いて一番出費が少なくなります。

つまり、キャッシュバックが受け取れるかどうかが唯一最大のポイントと言えるでしょう。

GMO WiMAXのキャッシュバック受取り難易度

GMO WiMAXはキャッシュバックを受け取るまでお得ではありません。

問題はキャッシュバックの適用条件や受取り方法です。

キャッシュバック適用条件

キャッシュバックキャンペーンの適用条件は以下の通りです。

ポイント

  • GMOとくとくBBで初めて契約する方。(過去に別サービスがあってもNG)
  • キャンペーンページより申し込みした方。
  • キャッシュバック時期まで契約が継続している方。

条件については特別難しいものはありませんが、強いてあげるなら過去にGMOとくとくBBを利用した事がある方は要注意です。

キャッシュバック受取り方法

キャッシュバックキャンペーンの受取り方法については以下の通りです。

ポイント

  1. 端末発送月を含む11ヶ月目に案内メールが発信される。
  2. 案内メールはGMOのご入会時に作成したメールアドレスに届く。
  3. 案内メール送信日の翌月末日までに返信しなければならない。
  4. 返信があれば、返信月の翌月末(12ヶ月目末)に指定口座へ振込。
  5. 返信がなければキャッシュバックの権利を失う。
  6. その他、GMOが対応困難と認める場合は権利を失う。

受取り方法については指摘する部分が多すぎて真っ赤です。

まず、キャッシュバックの手続きができるのは11ヵ月後です。遅すぎます。それだけの時間が経てば忙しい現代人は多くの方が忘れてしまうでしょう。

次に、案内メールが利用者側で指定できない事です。GMOと契約した時に作成するメールにしか届きません。

しっかりメールをチェックしていても、手続き時期が近付くとキャッシュバックとは無関係なメールが届くようになるという報告もあります。

私はGMOと契約していないので真偽を明確にはっきりとお伝えする事ができませんが、これだけの報告がある以上、勘違いや全くのウソという可能性は低いでしょう。

一部の方は申し込み直後にメールの転送設定をしたり、メールソフトと連携させる事で手続き忘れを回避しておられましたが、初心者には難易度がかなり高い事には変わりありません。

そして案内メールが届いてから翌月末までに返信しなければ権利を失います。

かなり厳しく利用状況やメールをチェックしている人でもない限り受け取れないリスクが大いにあるプロバイダと言えるでしょう。

もちろん、キャッシュバックが受け取れなければ利用料は高いので損しかありません。

クリオネ
キャッシュバックを餌にしているのに、受け取らせない意志が強すぎです。悪徳とまでは言いませんが、この手続きの難しさは悪質と言えるのではないでしょうか。

また、GMOを勧めているWEBサイトはもしあなたが受け取れなくても痛くも痒くもありません。逆に報酬を受け取っているので感謝すらしているでしょう。

受け取れなかったのは購入者の責任かもしれませんが押し売りのように売りつけているWEBサイトに全くの責任がないとは言えないんじゃないかと思います。

GMO WiMAXの解約手続きについて

GMO WiMAXはキャッシュバックの受取り難易度が高い以外にも、解約手続きが面倒というマイナス要素があります。

具体的には以下の通りです。

注意ポイント

  • 契約更新月の解約受付期間が短い
  • 解約違約金が他社よりも高い
  • SIMカードの返却が必要

GMO WiMAXは解約受付期間が短い

GMO WiMAXを解約するには毎月20日の19:00までに手続きを終える必要があります。

もし毎月20日の19:00を過ぎてしまうと、翌月解約扱いになり契約更新月だとしても違約金を請求されます。

連絡方法は指定のメールフォームか電話連絡が選べますが、解約手続きにどれだけかかるのか不透明なので、余裕をもって15日前後には手続きをスタートした方が無難です。

解約月の利用料は1ヶ月分全額が請求されますが、この点は他社プロバイダでも同様に解約月は満額かかるので違いはありません。

気を付けたい所は手続き期間が短いという点のみです。

契約更新月とは

契約更新月とは解約時の違約金がかからない月の事です。2年プランなら端末発送月から25ヶ月毎、3年プランなら37ヶ月毎となります。

GMO WiMAXの解約違約金は他社よりも高い

契約更新月以外で解約すれば違約金が必要になる点は他社プロバイダも同様ですが、GMO WiMAXでは違約金の金額が高く設定されています。

2年プランでも3年プランでも、2年以内の解約では24,800円かかりますので他社と5,800円~10,800円も違います。

違約金が19,000円を超えているのはGMO WiMAXだけなので、相対的に見てデメリットと言えるでしょう。

<2年プランの解約違約金>
解約時期GMO WiMAX他社WiMAX*1
1~12ヵ月*224,800円19,000円
13~24ヶ月24,800円14,000円
25ヶ月(契約更新月)00円
26ヶ月以降9,500円9,500円
*1 2年契約プランのあるWiMAXプロバイダで比較。
*2 端末発送月が1ヶ月目となります。

SIMカードの返却が必要

契約更新月で無事に解約できたとしても、ルータ端末に挿入されているSIMカードは貸与品なので返却しなければなりません。

他社WiMAXプロバイダではSIMカードも購入品として返却の必要はありませんので、GMO特有の手間と言えます。

SIMカードは解約月の翌月末までに返却しなければ、別途3,000円の損害金を請求されます。このリスクもGMOだけなのでデメリットと言えるでしょう。

クリオネ
更に返却の際の送料も利用者負担です。小さな額ですがもやっとする所ですね。

GMO WiMAXのリスクまとめ

GMO WiMAXで実施されているキャッシュバックキャンペーンのリスクについてまとめると以下の通りです。

ポイント

  • 利用料金は安い訳ではない。
  • キャッシュバックを受け取ればメリットは大きい。
  • キャッシュバックの受取り難易度はかなり高い。
  • 解約時の費用負担リスクが高い。

なるべく吹き出し以外はGMO WiMAXの正体を中立的に記載してきましたが、あなたはGMO WiMAXはお得だと思えたでしょうか。

キャッシュバックが確実に受け取る事ができればメリットの大きなプロバイダですが、受け取るまでのハードルがなんとも嫌らしいです。

どうしても、受け取る人を少なくしたいという企業側の姿勢が見え隠れしているので、私としてはあまり信用できないプロバイダです。

利用料を確実に抑えるには、難しい条件のないプロバイダを選ぶ事をお勧めします。

 

2019年3月追記

GMOはキャッシュバックではなく、毎月の利用料を値引きするキャンペーンを開始しました。

ユーザーの声が届いたのでしょうか。かなり堅実でお得な内容になっています。

キャッシュバックとは違い、しっかり誰でも受け取れるような仕組みでお得なのでぜひチェックしてみてくださいね。

下記の記事では各プロバイダの情報をグラフ化していますので、ぜひ検討材料の一つとして御覧ください。

Copyright© FULLMESH , 2019 All Rights Reserved.